FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-19(Thu)

医薬品(旧)制度

もう少し医療について、これは旧制度の仕組みですが
一応復習がてら説明しておきます

今回の医療改革に関しては、国務院と共産党の連盟であり、国務院は
価格規制をしてる省庁と保険リストを管理してる省庁の上にあります
元々保険リストに載ってる物は価格規制の対象になっているはずですが
ここからどう変わるかと言う事ですね。

ちなみに、保険の対象となるリストの場所は分るのですが、これがいつ
改定されたのかはサッパリ分らん(苦笑
ご存知の方がいれば、教えていただけるとありがたいです。

国家基本医疗保险和工伤保险药品目录


価格規制
国家と地方の医療保険カタログに載っている医薬品と独占的に製造・物流
がなされている企業には価格の上限を儲けたりや固定価格とする規制がある

価格の規制に関しては、Price Control Office of the PRC National Development
and Reform Commissionや地方の価格規制局から発表される
この規制価格は、企業のGMPスタンダードの遵守、代替薬の値段、生産コスト
品質等を考慮し合理的と思われるグロスマージンをベースとして決定される

NDRCはリスト中の一部の価格を直接規制、残りは地方の価格規制担当部署
が決定。
製造業者は小売価格の値上げを申請する事が可能。


返金プログラム
国の医療保険プログラムに参加している人が利用できる
国か地方の医療保険カタログに載っている薬品を買うときにカードを提示
クレジットで売って、月毎に社会保険局から支払いを受けるか、顧客が購入
する時に代金をもらって、その後顧客が社会保険局に申請して返金を受ける
仕組みかは地方によって異なる

国と地方の医療保険カタログに載ってる薬品は2種類ある
・Aクラスは、カタログに書かれた用途に従っているのであれば
通常全額を返金してもらえる(例外あり)

・Bクラスは、一般的にAクラスより高く一定の割合を購入者が負担
BくらすのOTC薬品を買った場合どれくらい返金してもらえるかは地方によって違う

カタログに載るための要件は、大量に消費されるか、医療機関で一般的に処方
されるか、基本的なヘルスケアのニーズとして需要か

これは、The PRC Ministry of Labor and Social Security(中国の労働
社会保障庁)が2年に一回、どの薬品をカタログに載せるか、また外すか
等を決める権限を持っている

地方はAクラスの薬品に関しては全てをリストに載せないといけない
Bクラスは、上下に15%まで調整する裁量がある

この保険がカヴァーする金額は、支払っている保険料によって違う
通常、この医療保険プログラムに加入しているのは、比較的裕福な人々で
都会に集中している。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

医保目録

リンク先のは2004年に改訂されたものです。今月末に新訂版が出る予定らしいです。

No title

shanghai_iiさん
せっかく教えていただいたのに返信遅くなってすみません。
1社だけ発表して他が無いのでやはり古い物なのかなと思ってはいたのですが。
こんな相場環境になってちょっとやりにくいですが、今月ももう間もなく終わりです、期待して待ってみます。ありがとうございました^^
プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。