FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-02(Mon)

visn 09-3Q cc



とりあえず読み終わったので

http://seekingalpha.com/article/170056-visionchina-media-q3-2009-earnings-call-transcript?page=-1

DMGの買収により事業を香港にも拡大

10/16
アモイのモバイルテレビ広告ネットワークと契約を発表

10/21
広州メトロの5番線(来年11月のアジア競技会へ直接接続)へ
ネットワークを拡張

中国のモバイルTV広告市場で上半期ヴィジョンチャイナのシェア
50.7%、DMGのシェアは9.8%だった

北京オリンピック同様、上海万博やアジア競技会を収益に結び
付けられる自信がある。

衛生テレビの広告時間の購入に関しては、複数のチャンネルと
交渉している。

4Qに関しては、広告予算は保守的で競争も厳しい

ネットワークの拡大と、業界の再編により、リーディングポジションは更に
強固な物となった。

Ministry of Housing and Urban rural development(なんて約すんだろう?)
によると、中国の地下鉄及び他の路線は、建設済み、建設中も含めて
2015年までに158に達する。
政府が政策により、新しく大規模な公共交通機関の開発と、地下鉄の建設
を進めており、ヴィジョンチャイナが大きく成長するチャンスになっている
---------------------------------------------------

CFO:Scott Chen

DMGとの提携により、北京、広東、新センを含む豊かな都市で19のバスライン
ネットワークを運営、4つの第一級都市、香港のエアポートエクスプレスを含む
8つの地下鉄ネットワークで独占的に営業する事になる。

合併に際し、内部の監視チームを作った

コスト面では、DMGの代表と共に、11月に行われる北京地下鉄ネットワークの
入札を含む、重要な契約の入札に臨んでいる。

顧客との交渉に関しては、発表直後からDMGと共に臨んでおり、今の所
ポジティブに働いている。
顧客が、今回の合併で価値が上がったと見ているのは明白であり、上海で行った
記者会には、主要顧客であるヤムブランド(ケンタッキー)やユニリーバの副代表、
OMDやKineticの代理人などが参加

今期は新都市への進出は無かったので、キャパシティの増加は小さい
前期比で時間当たりの平均売上(ASP)が減少しているのは、主に、引き続き競争が
激しいことが原因。

来年のASPは大きく改善すると見ており、規模が拡大した事で、大きなイベントでは
価格決定力が高まる

売り込みに力を入れたことで、時間当たりの広告時間は増加

今期は334ブランドの広告を取り扱った、前期は274だった
主要な新規の広告主は、サムスン、ニコン、ボシュロム、商工銀行等

営業は346人、去年は325人

売上の減少は、メディアコストと独占契約ではない都市での費用の増加

営業マージンの減少は、原価の増加が営業費用の減少を上回った

DMGの買収完了は、2010の1Qを見込んでおり、4Qの業績には影響なし

Q&A

Eddie Leung - Banc of America

・新規契約無いのに何故ロケーションコスト増えた?
幾つかの契約では漸増するように設定されている
また、自社で契約していないネットワークからの広告時間の購入
自社契約の無かった都市には上海、杭州、アモイが含まれるがこれらの
都市は、現在自社の契約か、DMGとの買収により自社ネットワークになる

・主要産業のシェアと、売上に占める割合
家庭商品と、消費財といった小売セクターに強い
3Qは飲食セクターが24%、医薬品が18%、家庭用品と衣料品が8%

・DMGとのシナジーいつから発揮?
来年度への影響はもう少し様子を見てから発表したいが、影響は既に
出始めている。
12月までには、はっきりとした見通しが立つと思う

Phillip Won - Morgan Stanley

・新顧客のセクター
小売がメイン、大企業、複数の都市に広告を出してくれる顧客に焦点
上海の小売大手Meters Banwi
小売に焦点を当てつつ多角化を図っている、ネット企業もドンドン魅力的
になっており、多くのネット企業から広告を獲得している

健闘しているセクターとしては、飲食、家庭用品。
広告費回復の兆候ではないかと見ている

国内・国際企業での差はあまり無い。


・価格トレンド
価格プレッシャーはまだあるが、オペレーティングデータにようると、自社の
差別化で効率的に対処できている。

今期は戦略として、2010年の広告予算の話し合いを前に、より幅広い顧客
をひきつけられることを確認したかった、そのため今期は調整
競合と比較すると、持ちこたえた方だった

トレンドが回復する際にレバレッジをかけられるよう、より広いプラットフォームや
価格決定力を持つ事をもち良い位置に付ける事を目指した

Wallace Cheung - Credit Suisse

・来年の広告産業の成長
テレビ王国の規制があるので、難しいが15%以上になるのではないかと
考えている
多くの広告主が興味を持っており、料金表について協議している
来年のテレビ広告に対する規制が発表されており、代替案として自社の
プラットフォームが注目されている。

・来期のNON-GAAPの業績ちょっと低い
来年の準備に受難性を持たせたいので保守的、達成する自信がある
前期の予想を修正しなかっただけ、メディアコストの上昇は0.6ミリオン
を見込んでいる
販管費も安定しているが、来年の交渉に向けた営業活動の活発化を考え
余裕を持たせている。
貸し倒れ損失の増加は見込んでいない。

・CCTVの広告価格引き上げは、テレビ広告により多くのお金を
使うだけでは?
CCTVだけでなく、衛星TVや地方のテレビも価格を2-30%引き上げている
多くの顧客と話してみると、自社との契約に本当に興味を持っている、また
2Qでは7割以上が3ヶ月未満の契約だったが、現在では58%にまで下がった
この事はまだ成長の余地が大きい事を示しており、来年の料金表の引き
上げに動いている

Ming Zhao - SIG(上海国際集団)

・DMGの買収資金
銀行から借入

James Marsh - Piper Jaffray
・自治体との契約更新時の価格動向
自社や他者にとって重要な都市である場合、価格は高くなる
長い目で見れば、このコストは良い結果に繫がっている。

Jenny Zhan - GMO
・今後12ヶ月で何%の契約が切れる?
主要なものは、北京地下鉄の契約で今年度末、来年の中頃に新セン
地下鉄で同じ時期に入札を行う
北京地下鉄と交渉に入るところ、価格交渉には自信を持っている
来年の営業料は保守的に10-15%の上昇を予想している
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。