FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-13(Sun)

HMIN 泊まってみました

今日は気分を変えてHMIN体験談
店舗数もドンドン増えているし、とまったことのある方も
結構いるのでは?

場所は北京、天安門広場の駅から10分ちょっとのところ
黄色がイメージカラーです
概観

ちょっと入り組んだ所にあります。
面している道路は工事中で、おっちゃん達が数人かがりで
道路を掘り返しています。
小さな道路を挟んでアダルトショップが建っています(笑
おばちゃんに、「店内を撮っていいか?」と聞いて見ましたが
「ダメだ」とのこと、「何か一個買から」と言ってもやはり断られました(笑
何かヤバイもんでも置いてるのか、それとも自分も撮られると思ったのか?
店内に何が置いてあるかは、ご想像にお任せします^^
通り①

おっちゃんと兄さんの見つめる先は…
通り②

こちらカウンター、日用品を売ってます、コピーは一枚1元なので日本より
高いですね。客層はかなり幅が広く、中国人も勿論いますが黒人、白人
家族ずれ、からバックパッカーまで
荷物の取り置き、貸金庫など基本的ところは問題ない

ここの店員さんは割りと愛想も良くて、安いのにかなりキチンと教育されてる
ように感じましたね
KAUNTA.jpg

レストラン、マトモに取れた写真を消してしまったためこれしかありません
テーブル数は3-4、簡単な食事が取れます。これは残念ながら未経験
RESTRANT.jpg

室内はこじんまりしてますが、ネット、エアコン、テレビ、ランドリーサービス
等基本的な機能はありますが、確か冷蔵庫は無かったですね。
壁は結構薄いです。
ネットはかなり快適に使えます
部屋

ピーターリンチの「株式投資の法則」とFOOLなる本が
置いてありました。別做正常的ですか、中々示唆に飛んでますね
まあ、どの店にも本が置いてあるのか、何故この本が置いてあるのかは
ちょっと分りません。
投資の本は、自社の株を買ってくれと言う事?
この本を読めば、この会社の良さが分るだろうとか(笑
BOOK.jpg


ユニットシャワー(?)です

shower.jpg

基本的に他のホテルに比べて、物凄く不自由と言う事は
ありませんね、部屋の掃除も割と細かいところまでキチンとしてます

ただ、レストランを作らないと言う選択肢もあったのではないかと
言う気がします。
ここは結構街中だし、食事をするところなんてそこらじゅうにあります
実際このホテルで食事をしてる人は殆ど見ませんでした
時間帯もあるでしょうが、それにしても少なかったですね
このホテルの部屋に置いてあったピーター・リンチが書いた本を見て
彼の株で勝つ(「One up on Wall Street」)にレストラン無しのホテルを
作ったラ・キンタ・インズの話を思い出しました(笑

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。