FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-30(Sun)

ルオシンの新株発行案


まとめておきます

一応、掲示板の投稿についても書いておきますが
・書き方からして、公募増資の可能性が高い
・07年11月の急落は何処まで新規株式発行の影響なのかは
図り辛いと言えると思います。

まず、07年9月に新株発行案があり,株主総会は通過したものの、
CSCRの承認を得られていまま、総会で承認された期限を過ぎてしまった
なので、承認を得るために新たに前回の期限を越えても新株を発行
出来る権限の付与を提案したい
(この文章だと前回の新株発行は9/10と10/31にアナウンスされたと
なっていますが、HKEXに書類がアップされたのは8/24と11/13。
8月の方が新株発行、11月は売り出しの代理人と合意に達した)

発行予定株式数は 1億株以下
現在の発行済み株式数は 6億900万株くらい
希薄化は最大で約16.5%

H株の発行済み株式数は1億6456万株
なので、H株は最大で60.8%増加することになる

発行予定価格はHKD4.3-2.6になる
ちなみに、07年の予定価格は3.6-2.6なので今回は上限のみ引き上げられ
ているようです。

今回の発表で会社が新株を発行できる期間は最短で決議の12ヶ月後まで

発行によって受け取れる最小の金額はHKD260ミリオン
これは大体、同社の手持ち現金と同じ金額
この発行に掛かる費用は、総受取額の2.66%を想定している

新株発行で得た現金の内、HKD166ミリオンは生産設備とライン
販売網の拡張に使用する
HKD43ミリオンはR&D能力の向上に使用する

残りは、ワーキングキャピタル
もし、HKD2.6以上の価格で発行された場合、上回った分については
上記の目的に、比例配分する

必要な条件
①総会で株主から新株発行の権限を承認してもらう
②CSRCから新H株発行の許可をもらう
③条件に照らし合わせて、発行の契約が終了していない事
④証券取引所の上場委員会の許可

------------------------------------

・・・・せっかくいい感じで上がってたのに何でこのタイミング!!
と、いいつつも、まだまだ大きく拡張する計画があることが確認できた
点はちょっと安心しました。
ただ、もっと株価が上がってからでも良かったのではないかと思うところも
ありますが。

設備投資分の166ミリオン程度なら、1年分のキャシュフローで賄える
金額なので普通に考えれば年後半、いつもの如く投資は増えると考えても
いいのではないかと思う。
07年は営業CFがRMB199ミリオンだったので結構ギリギリだが、今年は前半
だけで159RMBミリオン。
多分このまま行けば普通にHKD3億位はいけそうな感じです

なので、下限の金額で考えるとどうしても今しなくてはいけないものでもないですね
ただ、今現在の手持ち現金が約2億6千万元くらいなわけで、仮に下期に
1億5千万元くらい営業CFで入ってきたとしても、キャパシティを考えると無茶苦茶
現金があまる計算にはならないとも考えられるように思います

大きく拡張する計画があるということは、まだ成長に賭けていいわけだし
この会社の実績を見れば、キチンと投資に対するリターンを上げられている
訳なので、基本的にはホールドしていれば、プラスの面が大きいと思う
16%の希薄化で、それを遥かに上回る成長なら割り合うという感じで
会社を信用できるならホールドということでしょう

新株発行(発表)後の株価と言うのは結構センチメントに
左右されるところがあります。

今回は、全体が下がってる局面にあったわけでまさにタイミングが悪く
随分る売られてしまいましたが。

チャートの左の矢印が新株発行の計画がアップされた8/24
右の矢印が発行代理人が決定した11/13です

NEWSTOCK

VSHANGSEN

07年の中は記憶が確かならばまだ増資をすればさらに売上が伸びる
と言うような考え方が主流だったわけで、新株発行決定以降、大きく
株価は伸びています。
勿論、日本でも評価されれば上がる事もある訳で、必ずしもこの
考え方が間違っているわけではないし、株価にとって悪影響しかない
とも言い切れません。

11月は、発行の可能性が高まったわけで、ここから株価は落ちますが
決算の日程が決まると、上昇が始まり、決算の数日前に発表日の株価を
上回っています。

また、2008/8/24にせよ2008/9/10にせよ別に期限が切れたからといって
値動きが良くなっている様子はありません。


用途のところで1億株発行した場合に基づいて話が進んでいるので
1億株発行されるものと考えておいていいと思う、その場合
直近四半期EPSは.HKD0.34と言ったところ。金曜日の終値を基準に
すると、PERは11.56倍ですか。

マイナスの評価としては、需給が悪化するかもしれないと言う点
これはまあ、仕方が無い。

謎の点、この会社どういうわけか、HKSEのページでH株の大株主を
検索しても、何もでてこない、全く書類が提出されていないのか何なのか
ご存知の方いらっしゃれば教えてください。

なんか、随分長くなりましたがこんなところで。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

大株主について

いつも詳細な分析ありがとうございます。
大株主の構成ですが、以下を参考になさってください。結構使えるサイトです。
http://corpsv.etnet.com.hk/webservice/jsp/CACHE/CoInfo_Cache.jsp?ENCODING=BIG5&STOCKCODE=8058&MAINTYPE=COMPANY&codesearch.y=7&codesearch.x=18&SUBTYPE=BRIEF&CLIENT=ETNET
今後も鋭い分析、期待します!

No title

情報ありがとうございます
これは、本土分の持ち株比率ですね。
個人的には、香港市場の浮動株がどれくらいかなと思って調べようと思ったのですが、これは中々見つかりません。
ちょっと言葉足らずだったかもしれませんが
でも、他にもいろいろな情報が載っているみたいなので、今後の参考にさせてもらいますね^^

No title

そうですか、いやいや無知をひけらかせてしまいましたね。。(^^;
笑って流してくださいな。
プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。