--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-07(Thu)

アリババ09-1Q

09-1q 2


アリババの決算です。

基本的な戦略として、今は価格を下げても、ドンドンとシェアと会員数を増やし
次の景気拡大期において、大きく業績を伸ばしたい、と言うのがこの企業の
現時点での姿勢です、つまり今は、ガンガン利益が伸びていくぞと言う時期と
いうよりは先行投資という側面が強い、と言う事を頭に入れながら見て見ましょう

まずは、同社が力を入れている、会員を伸ばすと言う事がキチンと出来ているか
と言う点を見て見ます

09-1q member 2

これが、優良会員数の推移と、売上の比較になります
ゴールドサプライヤーは08-4qに値下げして、一気に会員が増えた事もあり
前期比での伸びは-10%くらいです。

それ以外の会員数は、08-3Qを超える伸び率を達成しており、かなり
強い数字が出てきています
勿論ゴールドサプライヤーの数がコンセンサスとしてどれくらい見込まれて
いるのかは分りませんが

さて、しかしこの表をよく見ると、ちょっと疑問を感じませんか?
国内市場向けサービスのメンバーは1割も増えているのに、売上はマイナスです。
これは、キチンと説明があって、キーワードベースでの売上
(つまり、特定のキーワードでバイヤーが検索した時に、より目立つ方に高い料金を課す)
のシステムを移行中であること、また、季節性により、広告収入が減った事が原因です。

*ちなみに、新システム(Ali-ADvance)は概ね予想通りの売上を上げているようです。


前期ゴールドサプライヤーのサービス価格を引き下げて、利益率が
急低下しましたが、今期は大分回復しています。
ただ、この会社の利益率は基本的に1Qが最も高く、4Qが最も安くなっており
07-4q→08-1Qで営業利益は、28.95→42.73となっているので、実質的には
あまり変わってないか、やや弱いくらいといえそうです。


現時点で、直近四半期を元にperを算出すると40倍弱といったところです
2Qは特殊要因があるので、相当強くなければ減益だと思います

ただ、最初に書いたように、飽くまで景気が回復した時に圧倒的な存在になるための
地位を固めている状況ですので、この時点での評価を出すと言うのは中々
難しいところだと思います。

個人的には、この銘柄含め香港市場は全体的に随分強く上昇しているし、
仮に景気が順調に回復してゆくとしても、焦って買う場面でもないかなと思います。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。