--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-21(Wed)

3G加入者の伸びを考えてみる-訂正あり



国営通信設備メーカーの合併の記事の中に3Gの加入者数が期待ほど伸びていないという
話があった。
http://www.chinadaily.com.cn/bizchina/2010-07/15/content_10108922.htm
具体的には4月から加入者集の伸びに減速感みらる(モバイル・ユニコムの発表数字)
6月末の3G加入者数が凡そ2520万人、対して09年度末の携帯加入者数が7億5千万
すると、約1年で3Gの浸透率は3.36%という事になる。
これは、通信大手メーカーの予想を下回る結果となっており、設備投資も削減
傾向競争力を強化するため2社を合併させるのだとか

日本人には強気な意見が多い気がするけど実際どうなんだ?
京は6月の数字が出てきたのでで少し調べてみたチャイナモバイルのサイトで
発表されてる加入者数(http://www.chinamobileltd.com/ir.php?menu=11&year=2010&month=05)
同様にユニコム(http://www.chinaunicom.com.hk/en/investor/ir_data.html?year=2010&month=5&ym=2010%205)
を書き出して、伸び率をグラフにすると
mobile 3g grow
alt="mobile 3g" border="0" width="637" height="369" />

ユニコム

unicom_20100721003236.jpg


2月は季節要因もあり弱いといわれていたが
China Unicom sees slower increase of 3G users in Feb
それ以降もかなりの低水準

因みに、5月末に2200万人の加入者を達成した時,年末までには1億5千万くらい
行くんじゃないかという予想をmiitが出していたが、7月以降は先月比で約35%の
伸びを達成していかないといけない計算である。


どう考えても予想伸び率が高すぎると思って見直したら
×年末まで〇来年末まで
ですね、ゴメンナサイ
一ヶ月辺りの平均伸び率は約12.610.4%となります


3G users exceed 20 million with one year

私の感想としては、浸透率が低い割には伸び率はあまり対して高くないかな
ただ、それでも月に300万人以上は加入してるし、年初来からの成長率という
意味では結構伸びてるとも言えると思う
期待と比較した場合にはmiitは予想はよっぽど下半期に伸びないと無理な
数字だと思う。
miitは今年の設備投資が予想より小額に止まると言ってるけど、一番大きな
理由は高すぎる伸びの予想だったのでは?(実際出した数字が大げさだったと
しても今となってはそれでも高いと思う)
企業の数字はどの程度の伸び率を想定していたのだろう
そして、強気派の人たちの想定はどの程度のものなのだろう

kongのプレゼンテーション資料などを見ても2-2.5g向けのサービスとして
日本にある携帯サービスのかなりの部分がような気がする、3gの加入者急増の起爆剤
となるようなサービスがあるのだろうかと思っていた
http://phx.corporate-ir.net/External.File?item=UGFyZW50SUQ9MzA4OTg2MXxDaGlsZElEPTM4MzQ1OXxUeXBlPTI=&t=1
色々観ていたら、いわゆるマイクロブログに関する話ftなどにも出ていたが、
一時期sinaのみが提供していたこのサービスをやたらと沢山のネット企業が参入
してきた
その後、サスケハナのアップグレードによりsina株は急騰。
意外とこれは加入者数増に貢献するのかも知れないと思った。
(実際収益モデルが確立するまでどう捕らえるのか難しいところではあるきがするけど)


ブルームバーグとチャイナデイリーにタイトル以外同じ記事が掲載された
大抵はどちらも記事を引用する時はちゃんと引用元を書いているのだが
http://noir.bloomberg.com/apps/news?pid=20601089&sid=aWMss9ptBj7I
http://www.chinadaily.com.cn/bizchina/2010-07/14/content_10104598.htm
内容はゲーマーの傾向の変化、rpgとかやってる時間無がねぇよ、もっと
シンプルなゲームを作らんといかん、ということで作ったQQ FarmやQQ Ranchが
かなりの人気でもシンプルなゲームはrpgより顧客辺りの売上が弱いためネトゲ
業界全体の成長鈍化に繋がる
・ゲームの短命化 ・人件費の高騰 ・政策 等が弱気材料として載っていた
まあ、分析も大事ではあるけど、株が軟調な時だけにもう少しプラス方向からの
意見があってもいい気がした。

もう大分前に出ていたチャイナモバイル内の不正の話が何故か金曜日の
財経に出ていた。
On Way to Beijing, China Mobile Chief Crashes



スポンサーサイト
2010-07-19(Mon)

2327 jiwa bio

jiwa 09-2h



7割出資の子会社で生産したジェネリック薬品、及びヨーロッパから輸入した薬品の販売
をしています。

時価総額100億弱とかなり小さいし、株価もHKD1を割ってますがかなり高成長して来た

個人的には市場規模の大きさや高齢化に伴う骨粗鬆症治療薬辺りは面白いんじゃないかな
ついでにユーロ安もいければという所もあったが、3月決算なのでそこまで大きなインパクト
はなかった上、主力商品の一つが原料在庫切れのため生産が止まって伸びが弱かった
実際どれくらい売上が減ったかはアニュアルレポートが出て見ないと分らない

細かい内容はアニュアルレポートが出たらまた書くことにして取りあえず

製品の簡単なまとめ
国家の保険リスト入りした主力5製品

骨粗鬆症治療薬リセドリン酸(jiwa gusong)http://en.wikipedia.org/wiki/Risedronic_acid
…米国ノルウィッチ・イートン(現米国プロクター・アンド・ギャンブル)が開発
味の素が生産、エーザイ、武田に提供など
http://www.ajinomoto.co.jp/press/2009_07_31.html
http://www.yakuji.co.jp/entry3526.html
昨年の国家保険カタログに採用、市場規模は莫大で骨粗鬆症患者数は2010年に1億1400万人
から2025年には1億5000万人に増えると予想、高齢化に伴い骨粗鬆症患者の数は中国が世界最大に
なる(newsletter vol18)国内では最初に生産(newsletter vol19)(とは言えこの製品、
08年の上半期に立ち上がったのだが)

因みに、日本での味の素、エーザイ、武田の08年度の売上は合計で300億円程度、06年の推定患者数は
780-1100万人程度(http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0046/1/0046_G0000129_0006.html)
この会社の筋骨格系セグメントの売上は約HKD9千万→10.36億元程度
第18回national invention exhebitionで金賞を受賞したりしてるけど
中国ではビスホスホネートのマーケットシェアは23-25%に止まっていて拡大の余地は大きい


脳梗塞の際に脳保護薬として使用される
エダラボン(jiwa youmin)…こちらも国家保険カタログに採用(北京、上海や薬の消費が多い広東、
山東省などでは既に採用されていた)、立ち上げ他都市の内にRMB10ミリオン以上の
売り上げを達成した唯一の商品10-q1時点で09-4q比で売上の伸びが45%を超え好調(newsletter vol19 p3)
nq上場のscrも作っており、こっちの方が売上の規模は数十倍大きい(10-1Q RMB137.2ミリオン)が
その分、成長率はyoyで8.5%と低い
scrは生産会社Jilin Bodaへの出資比率を51%から90%へと拡大10/6/7
http://finance.yahoo.com/news/Simcere-Pharmaceutical-Group-prnews-2582356826.html?x=0&.v=16

グループ内で原料の開発・生産も行っているので、グロスマージン8割以上
18省の入札に参加、17省に供給予定(09-2h決算)

この2種の薬に関しては、大きくプロモーションを行う予定

前立腺肥大患者の利尿薬、塩酸タムスロシン…グループ内で原料を開発、生産しているので
グロスマージンは8割以上

ここまで3種が去年立ち上げた商品のうち目玉

肝臓疾患向けのグルタチオン…年率3割で市場が拡大中、この製品が原料在庫切れによる生産停止
去年は製品は倍ぐらいに伸びていたが。。。
1hの数字からみても、起きたのは2hと思われる。生産が再開されたかは現時点では不明

リウマチ、炎症等のトリアムシノロンアセトニド

----------------------------------------------------------

今一度のレベルか確信が持てないけど、保険リストには登録された薬品

硫酸セフピロム(セフェム系抗生物質)…生産コストは国内で最も競争力がある

セフジニル(第三世代セフェム系抗生物質)…インドから購入した生産技術を改良、
原価の引き下げに成功したこともありインドの利益率より高い利益率を達成

----------------------------------------------------------------
その他

フラコナゾール(抗真菌薬 トリアゾール系)(lai chu an)…09年の必須医薬品リストに採用
4月までに生産許可が下りた(news letter vol19)
因みに、女性用バイアグラの効果は無いので注意(オリジナルの製造元ファイザーによる)

塩酸パロノセトロン(5-HT3受容体拮抗型制吐薬)
2010-07-13(Tue)

コツコツまとめ

twitterでふぁぼった情報や気になった事を少しまとめ

先週は金融政策の緩和と引き締めの方針同時に出ていた
①7日にはpbocの高官がpboc発行の雑誌で「成長減速でも流動性を引き締めだ」
China Seeks to Tighten Liquidity Even as Growth Slows (Update1)
中国、まだ緩和政策を解除する時期ではない=人民銀行高官(日本語)

②翌8日にpbocの声明で「今後6ヶ月間は比較的穏やかな政策」といった
China's central bank to continue loose monetary policy during next 6 months
多分①がかなり大きく取り上げられたので、訂正のための発言と思う、6ヶ月穏やかなら
大体コンセンサスと同じ(まあ、前の記事はどのくらいの期間を想定して発言したのかは分らないけど)

結局、この記事のPolicy Stanceでも②が基本スタンスとして取り上げられている
China Currency Reserves Increase Least in 11 Years (Update1)

土地の徴発に関する法律の施行が遅れている
Requisition law 'facing resistance'
元々は1月に草案がまとめられその後直ぐに施行されるはずだったのだが
地方政府の激しい抵抗があるらしい、徴発に関する法律のため強制的に退去してもらう
人が完全な補償を受けられる、移転は住人の9割以上の賛成が無いとダメといった内容が含まれている

現行の法律では、地方政府が強制できるし保障前に移転させる事も可能。
文中で指摘されているgdpターゲットの達成以外にも、他にも地方財政の厳しさや都市計画の遅れ
といった点でも抵抗は強そう

地方政府の力がどれくらい有るのかという点でも注目してみたい
(薬価問題も地方政府の利権が絡んでるしね)

cisgの新株発行
CNinsure Prices Follow-on Public Offering
460万adsをusd25で発行する事に決まった、アンダーライターへの購入オプションが
69万株(7日の発表では79万5千だったのでチョット減った)なので、10-1qの発行済み株式数を元に
すると約11.23%の希薄化となる
これとは別に、既存株主(以前保有していたベンチャーキャピタルが配当として
分配したものの一部?)も売り出される予定(ただこれに関しては8日の発表には言及なし)

求人市場はかなり強い
Online Help-Wanted Ads Gaining Traction In Fast-Growing China
需要はここ数年間で一番強いし、レートを引き下げるキャンペーンも今のところ無い様子
競争も激しいが


the9はAurora Feint Incに投資
モバイルゲームの運営とiphoneベースのゲーム開発者向けのOpenFeint
OpenFeintは同時に無料でプレーできるゲームの開発環境の提供を発表している

これは新しいニュースではなくただの歴史のまとめ
hurrayも携帯コンテンツをやっていたが、
sndaがhurrayに出資の後、sndaがku6を買収、そしてhurrayのモバイルミュージック+wvas
とsnda動画サイトku6の間で
事業をスワップ最終的にhurrayは純動画サイトになった(その内名前も変わるはず)
KU6の広告収入は2-3月でUSD1.2ミリオン、純損失7.1ミリオン

デンソーは中国工場を増強
規模は数十万ユニット、主にエアコンのラインを増強するらしい

エアコンといえば、家庭用・車用のエアコンの冷却材を作ってる0189.hkが好業績予告を出してる
そんなに業績のいい会社ではないけど、今期の純利益は昨年の3倍以上になるとの事
マーケット環境の好転により、販売価格・量共に改善した事が理由
冷却材がメインの話だとすると一時的なもので、来年以降の継続性がが疑問だが
中国がこれまで100%輸入に依存していたchlor alkali ionic membrane(→そのまま読むと「塩素
アルカリイオン膜?」)なる物の開発に成功、温家宝首相も胡錦涛国家出席も同社を訪問したらしい
何か凄そうだが、調べても何に使うのか正直良く分らん
あまりにググッても出てこないのは、別の表現があるのか、何なのだろう
プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。