--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-23(Mon)

中国ADRの年初からのパフォーマンス一覧

中国ADR141社の年初から現在までのパフォーマンス一覧

1位はワイヤレス機器やソリューションの提供を行っているテレストーン
テクノロジー(あまり詳しく知りませんが)
http://www.telestone.com/product.asp

2位のチャイナグリーンは有機肥料の生産から花・野菜・果物の生産まで
行っている会社
http://www.cgagri.com/

3位は新型インフルエンザウイルスの予防ワクチンが承認された事で
大きく値上がりしたシノバック・バイオテック
http://www.sinovac.com/

楽天で扱ってる銘柄の上位3社だと
9位のHMIN
16位のBIDU
24位のCTRP
でしょうかね。
まあ、一概にパフォーマンスが良いのが良い会社とはいえないし、
皆がもう駄目だろと思った会社が復活するのが一番儲かったということ
もあますが、上位は少ないですね。


Ranking | Company (Ticker) | Year-to-Date Performance
1 Telestone Technologies Corporation (NASDAQ:TSTC) 838.3%
2 China Green Agriculture, Inc (AMEX:CGA) 452.9%
3 Sinovac Biotech Ltd. (NASDAQ:SVA) 447.1%
4 China Automotive Systems, Inc. (NASDAQ:CAAS) 394.1%
5 Spreadtrum Communications, Inc. (NASDAQ:SPRD) 392.9%
6 LJ International, Inc. (NASDAQ:JADE) 387.9%
7 Trina Solar Limited (ADR) (NYSE:TSL) 378.6%
8 Sorl Auto Parts, Inc. (NASDAQ:SORL) 349.5%
9 Home Inns & Hotels Management Inc. (ADR) (NASDAQ:HMIN) 320.2%
10 KongZhong Corporation (ADR) (NASDAQ:KONG) 312.2%
11 China Yuchai International Limited (NYSE:CYD) 310.4%
12 VanceInfo Technologies Inc. (NYSE:VIT) 264.8%
13 City Telecom (H.K.) Limited (ADR) (NASDAQ:CTEL) 250.6%
14 China Housing & Land Development, Inc. (NASDAQ:CHLN) 235.6%
15 China GrenTech Corporation Limited (ADR) (NASDAQ:GRRF) 235.0%
16 Baidu, Inc.(ADR) (NASDAQ:BIDU) 227.5%
17 Canadian Solar Inc. (NASDAQ:CSIQ) 225.2%
18 Fuqi International, Inc. (NASDAQ:FUQI) 224.3%
19 A-Power Energy Generation Systems, Ltd. (NASDAQ:APWR) 220.5%
20 Silvercorp Metals Inc. (TSE:SVM) 197.7%
21 Deswell Industries, Inc. (NASDAQ:DSWL) 189.2%
22 Wonder Auto Technology, Inc. (NASDAQ:WATG) 188.8%
23 Chinacast Education Corporation (NASDAQ:CAST) 186.6%
24 Ctrip.com International, Ltd. (ADR) (NASDAQ:CTRP) 186.0%
25 China Shen Zhou Mining & Resources Inc. (AMEX:SHZ) 176.7%
26 51job, Inc. (ADR) (NASDAQ:JOBS) 170.5%
27 China TransInfo Technology Corp. (NASDAQ:CTFO) 168.2%
28 Hurray! Holding Co., Ltd. (ADR) (NASDAQ:HRAY) 166.8%
29 AgFeed Industries, Inc. (NASDAQ:FEED) 166.5%
30 Jinpan International Limited (NASDAQ:JST) 165.8%
31 Tianyin Pharmaceutical Co, Inc. (AMEX:TPI) 162.3%
32 China Techfaith Wireless Comm. Tech. Ltd (NASDAQ:CNTF) 157.8%
33 Yanzhou coal mining Co. (ADR) (NYSE:YZC) 156.4%
34 Origin Agritech Ltd. (NASDAQ:SEED) 155.4%
35 Harbin Electric, Inc. (NASDAQ:HRBN) 153.7%
36 Perfect World Co., Ltd. (ADR) (NASDAQ:PWRD) 153.3%
37 Tiens Biotech Group (USA), Inc. (AMEX:TBV) 140.8%
38 CNinsure Inc. (NASDAQ:CISG) 138.5%
39 Euro Tech Holdings Co. Ltd. (NASDAQ:CLWT) 138.0%
40 E-House (China) Holdings Limited (NYSE:EJ) 136.9%
41 China Eastern Airlines Corp. Ltd. (ADR) (NYSE:CEA) 133.7%
42 Longtop Financial Technologies Limited (NYSE:LFT) 131.9%
43 eLong, Inc. (ADR) (NASDAQ:LONG) 131.7%
44 Orsus Xelent Technologies Inc. (AMEX:ORS) 125.7%
45 Yingli Green Energy Hold. Co. Ltd. (ADR) (NYSE:YGE) 125.4%
46 Agria Corporation (ADR) (NYSE:GRO) 124.8%
47 AsiaInfo Holdings, Inc. (NASDAQ:ASIA) 111.0%
48 China Technology Development Group Corp. (NASDAQ:CTDC) 110.8%
49 CDC Corporation (NASDAQ:CHINA) 110.4%
50 MEMSIC, INC. (NASDAQ:MEMS) 106.7%
51 Xinyuan Real Estate Co., Ltd. (ADR) (NYSE:XIN) 104.5%
52 Aluminum Corp. of China Limited (ADR) (NYSE:ACH) 104.3%
53 China Fire & Security Group, Inc. (NASDAQ:CFSG) 102.8%
54 China Southern Airlines Limited (ADR) (NYSE:ZNH) 100.1%
55 SINA Corporation (USA) (NASDAQ:SINA) 92.2%
56 Vimicro International Corporation (ADR) (NASDAQ:VIMC) 91.8%
57 Noah Education Holdings Ltd. (ADR) (NYSE:NED) 89.8%
58 Man Sang International (B.V.I.) Limited (AMEX:MHJ) 88.9%
59 WuXi PharmaTech (Cayman) Inc. (ADR) (NYSE:WX) 88.2%
60 China Shenghuo Pharmaceutical Hldg, Inc. (AMEX:KUN) 87.5%
61 Ninetowns Internet Technlgy Grp Co Ltd. (NASDAQ:NINE) 85.1%
62 Qiao Xing Mobile Communication Co., Ltd. (NYSE:QXM) 82.3%
63 Chindex International, Inc. (NASDAQ:CHDX) 81.5%
64 Xinhua Sports & Entertainment Ltd (ADR) (NASDAQ:XSEL) 80.7%
65 China Precision Steel, Inc. (NASDAQ:CPSL) 78.4%
66 China Information Security Tech, Inc. (NASDAQ:CPBY) 78.3%
67 Linktone Ltd. (ADR) (NASDAQ:LTON) 75.8%
68 NetEase.com, Inc. (ADR) (NASDAQ:NTES) 73.1%
69 VisionChina Media Inc (NASDAQ:VISN) 69.8%
70 Fuwei Films (Holdings) Co., Ltd (NASDAQ:FFHL) 69.7%
71 ChinaEdu Corporation (ADR) (NASDAQ:CEDU) 69.2%
72 CNOOC Limited (ADR) (NYSE:CEO) 68.6%
73 China BAK Battery Inc. (NASDAQ:CBAK) 68.5%
74 3SBio Inc. (ADR) (NASDAQ:SSRX) 64.5%
75 ShengdaTech, Inc. (NASDAQ:SDTH) 63.4%
76 American Dairy, Inc. (NYSE:ADY) 61.8%
77 Mindray Medical International Limited (NYSE:MR) 60.5%
78 China Life Insurance Company Ltd. (ADR) (NYSE:LFC) 60.2%
79 China-Biotics Inc. (NASDAQ:CHBT) 58.0%
80 Sinopec Shanghai Petrochemical Co. (ADR) (NYSE:SHI) 57.3%
81 Shiner International, Inc. (NASDAQ:BEST) 55.5%
82 Fushi Copperweld, Inc. (NASDAQ:FSIN) 50.5%
83 Semiconductor Manufacturing Int'l (ADR) (NYSE:SMI) 50.2%
84 Shanda Interactive Entertainment Ltd ADR (NASDAQ:SNDA) 49.5%
85 Actions Semiconductor Co., Ltd. (ADR) (NASDAQ:ACTS) 49.1%
86 AirMedia Group Inc. (ADR) (NASDAQ:AMCN) 44.4%
87 Focus Media Holding Limited (ADR) (NASDAQ:FMCN) 44.1%
88 PetroChina Company Limited (ADR) (NYSE:PTR) 43.5%
89 China Petroleum & Chemical Corp. (ADR) (NYSE:SNP) 39.7%
90 Melco Crown Entertainment Ltd (NASDAQ:MPEL) 38.8%
91 China Nepstar Chain Drugstore Ltd. (NYSE:NPD) 38.2%
92 Acorn International, Inc. (ADR) (NYSE:ATV) 35.6%
93 Tongjitang Chinese Medicines Co. (ADR) (NYSE:TCM) 34.7%
94 New Oriental Education & Tech. Group Inc (NYSE:EDU) 32.6%
95 Solarfun Power Holdings Co., Ltd. (ADR) (NASDAQ:SOLF) 32.5%
96 Suntech Power Holdings Co., Ltd. (ADR) (NYSE:STP) 29.7%
97 Advanced Battery Technologies, Inc. (NASDAQ:ABAT) 28.2%
98 China Finance Online Co. (ADR) (NASDAQ:JRJC) 28.0%
99 eFuture Information Technology Inc. (NASDAQ:EFUT) 26.0%
100 Cogo Group, Inc. (NASDAQ:COGO) 23.1%
101 Global Sources Ltd. (Bermuda) (NASDAQ:GSOL) 22.1%
102 Synutra International, Inc. (NASDAQ:SYUT) 19.2%
103 China Telecom Corporation Limited (ADR) (NYSE:CHA) 18.8%
104 Sutor Technology Group Ltd. (NASDAQ:SUTR) 16.0%
105 Sohu.com Inc. (NASDAQ:SOHU) 14.1%
106 ZHONGPIN INC. (NASDAQ:HOGS) 13.8%
107 Guangshen Railway Co. Ltd (ADR) (NYSE:GSH) 12.9%
108 China Unicom (Hong Kong) Limited (ADR) (NYSE:CHU) 11.2%
109 Yucheng Technologies Limited (NASDAQ:YTEC) 9.3%
110 China Sunergy Co., Ltd. (ADR) (NASDAQ:CSUN) 8.6%
111 Qiao Xing Universal Telephone, Inc. (NASDAQ:XING) 8.6%
112 Giant Interactive Group Inc (NYSE:GA) 5.9%
113 General Steel Holdings, Inc. (NYSE:GSI) 4.6%
114 UTStarcom, Inc. (NASDAQ:UTSI) 2.7%
115 New Oriental Energy & Chemical Corp. (NASDAQ:NOEC) 2.2%
116 HSW International, Inc. (NASDAQ:HSWI) 1.3%
117 Simcere Pharmaceutical Group (NYSE:SCR) 0.8%
118 ATA Inc.(ADR) (NASDAQ:ATAI) -1.8%
119 China Mobile Ltd. (ADR) (NYSE:CHL) -2.7%
120 Nam Tai Electronics, Inc. (NYSE:NTE) -2.9%
121 China Direct Industries, Inc. (NASDAQ:CDII) -3.5%
122 WSP Holdings Limited (NYSE:WH) -4.7%
123 China Sky One Medical, Inc. (NASDAQ:CSKI) -6.3%
124 ReneSola Ltd. (ADR) (NYSE:SOL) -7.5%
125 JA Solar Holdings Co., Ltd. (ADR) (NASDAQ:JASO) -9.4%
126 HQ Sustainable Maritime Industries, Inc. (AMEX:HQS) -10.2%
127 Huaneng Power International, Inc. (ADR) (NYSE:HNP) -10.6%
128 China Natural Resources Inc. (NASDAQ:CHNR) -12.8%
129 Global-Tech Appliances Inc. (NASDAQ:GAI) -16.2%
130 China Infrastructure Investment Corp (NASDAQ:CIIC) -22.1%
131 BMP Sunstone Corp. (NASDAQ:BJGP) -25.0%
132 Hutchison Telecom Intl. Limited (ADR) (NYSE:HTX) -25.7%
133 China Digital TV Holding Co., Ltd. (NYSE:STV) -26.9%
134 GigaMedia Limited (NASDAQ:GIGM) -27.4%
135 China INSOnline Corp. (NASDAQ:CHIO) -30.1%
136 Gushan Environmental Energy Limited (NYSE:GU) -32.1%
137 China Medical Technologies, Inc. (ADR) (NASDAQ:CMED) -37.9%
138 LDK Solar Co., Ltd. (NYSE:LDK) -39.0%
139 The9 Limited (ADR) (NASDAQ:NCTY) -43.8%
140 American Oriental Bioengineering, Inc. (NYSE:AOB) -44.5%
141 New Dragon Asia Corp. (AMEX:NWD) -50.1%
142 China Architectural Engineering, Inc. (NASDAQ:CAEI) -56.5%
スポンサーサイト
2009-11-23(Mon)

駐車場が足りない

地下車庫工事ですぐそばまで大きく掘られたマンションの住民が怒り
PARKING LOT

何ヶ月か前から時々駐車場不足の記事を耳にしますが、これをチャンスに
儲かる会社はどっかにないかな?
あったらもう買われて高値かもしれないけど

人和も商業施設の一部を駐車場として開発してるけど全体に
対して規模が小さいからな~
ここに目を付ける可能性もあるとは思うけど、どうなんだろ

2009-11-23(Mon)

10月の保険料

*9月にアップしたデータは一部前年比が間違っていましたスミマセン


zentai 22


まずは業界全体の保険料収入です。
生保は3ヶ月ぶりに前月比でマイナスになりました。まあこれは去年と同じ
パタンなので問題ないと思います。
前年比でも3月以来の大会伸び率となりました

損保も9月が強く、10月は比較的弱いと言うこれも去年と同じ動きです
前年比でも7-9月から見ると弱い数字
それでも1月からの合計だと今年に入ってから、最大の伸びになっています


次は生保の個別

①2

*チャイナライフのプレミアムに占めるシェアの落ち込み方が激しいです
10月はついに、シェア1/3を切ってきました。
去年も一度4月に30%台がありましたたが3月が妙にシェアが高かった
今回は4月以降ずっと、生保全体の伸び率を下回っています
何でこんなに弱いのかは分りませんが、1月からの合計も前年比でずっとマイナスです

確かここは、独自の販売網を構築してたはずですが、うーん

*一方で前年比で一番伸びたのは新華保険でした(勿論データを取ってる中での話で
探せば他にもっと伸びてる会社もあるかもしれませんが)
久々に平安保険の伸び率を超え、シェアも10%を超えてきました。

ここは、CISGが提携している会社で3Qからの貢献予定、3Qはそこまで良く
なかったですが、ようやく市場平均を超える伸びを達成、1月からの累計でみた
シェアも3月から一貫して上がっており、10月は8%台に乗せてきました今後に
期待したいところです

*平安保険は久しぶりに前年比で見た全体の伸び率を下回ってきました
1月からの累計で見たシェアもちょっと足踏み状態
この会社は去年も足踏みの後で、2月に向けて一気にシェアを伸ばしているので
気を抜けませんね。


最後は損保
②22

*平安保険、損保部門はかなり優秀です、市場全体の倍以上の伸び
シェアも15%に迫ろうかと言うところ、過去一年間で随分シェアも伸びてきました

*一方で、最大手であるPICCは弱いですね
累計を見ても、着実にシェアが落ちてきています。

損保は両社ともCISGの取引先。

しかし、損保が強いのは自動車販売が例年の季節要因で落ちなかった
と言うところもある訳で、来年以降も同様の成長を続けていけるかはチョット疑問。

2009-11-23(Mon)

8058ルオシン 09-3q

大分値動きも落ち着いてきたので、書いておきます。
ただ、数字以外のビジネスレビューやプロスペクトの内容は2Qと同じです

09-3q_20091123132421.jpg

基本的に設備投資などのサイクルのせいかqoqで見て売上の伸びが強いのは
偶数期なのでそこまで売り上げた強くないのは普段より若干弱かった程度の
話とも言えますが
ただ問題は、販売費が随分伸びてきている割にそれが売上に繫がっていない
と言う印象もあります。

来期の売上の伸びに繫がってくれればよいのですが、チョット気になりますね

直近四半期のepsはHKD0.416なので今の株価5.46を基準とするとperは13.25倍

過去の利益の伸びから見ればまだまだ安いと思います

--------------------------------------------------

少し話は変わりますが、少し今回の医薬品改革で薬局が受ける
影響についても調べて見ました。

基本的に、今まで保険や値段の引き下げの対象となってきたのは
処方箋薬品です。
中国でも、処方箋薬品は医者の処方箋が無いと買えません
なので、npd等の通常の薬局(ここも勿論処方箋薬品も扱っていますが)
の場合、リストに加えられても、特にその商品の売上の伸びより
利益率の減少の効果の方が大きかったようです。

もし、今の状況でドラッグストアの株を買おうとする場合は、病院と提携
している会社を探さないといけないと思います。

また、特に提携していない会社の場合だと、otc薬にまでリストが大きく
拡大されればかなりの好材料になる可能性がありますが、その可能性は
あまり高くないような気がします。
2009-11-19(Thu)

医薬品(旧)制度

もう少し医療について、これは旧制度の仕組みですが
一応復習がてら説明しておきます

今回の医療改革に関しては、国務院と共産党の連盟であり、国務院は
価格規制をしてる省庁と保険リストを管理してる省庁の上にあります
元々保険リストに載ってる物は価格規制の対象になっているはずですが
ここからどう変わるかと言う事ですね。

ちなみに、保険の対象となるリストの場所は分るのですが、これがいつ
改定されたのかはサッパリ分らん(苦笑
ご存知の方がいれば、教えていただけるとありがたいです。

国家基本医疗保险和工伤保险药品目录


価格規制
国家と地方の医療保険カタログに載っている医薬品と独占的に製造・物流
がなされている企業には価格の上限を儲けたりや固定価格とする規制がある

価格の規制に関しては、Price Control Office of the PRC National Development
and Reform Commissionや地方の価格規制局から発表される
この規制価格は、企業のGMPスタンダードの遵守、代替薬の値段、生産コスト
品質等を考慮し合理的と思われるグロスマージンをベースとして決定される

NDRCはリスト中の一部の価格を直接規制、残りは地方の価格規制担当部署
が決定。
製造業者は小売価格の値上げを申請する事が可能。


返金プログラム
国の医療保険プログラムに参加している人が利用できる
国か地方の医療保険カタログに載っている薬品を買うときにカードを提示
クレジットで売って、月毎に社会保険局から支払いを受けるか、顧客が購入
する時に代金をもらって、その後顧客が社会保険局に申請して返金を受ける
仕組みかは地方によって異なる

国と地方の医療保険カタログに載ってる薬品は2種類ある
・Aクラスは、カタログに書かれた用途に従っているのであれば
通常全額を返金してもらえる(例外あり)

・Bクラスは、一般的にAクラスより高く一定の割合を購入者が負担
BくらすのOTC薬品を買った場合どれくらい返金してもらえるかは地方によって違う

カタログに載るための要件は、大量に消費されるか、医療機関で一般的に処方
されるか、基本的なヘルスケアのニーズとして需要か

これは、The PRC Ministry of Labor and Social Security(中国の労働
社会保障庁)が2年に一回、どの薬品をカタログに載せるか、また外すか
等を決める権限を持っている

地方はAクラスの薬品に関しては全てをリストに載せないといけない
Bクラスは、上下に15%まで調整する裁量がある

この保険がカヴァーする金額は、支払っている保険料によって違う
通常、この医療保険プログラムに加入しているのは、比較的裕福な人々で
都会に集中している。
2009-11-18(Wed)

Sinobaiopharma:23 Drugs Listed in China's National Essential Drugs List

最近の医薬業界について調べていたら、China's National Essential Drugs List
(なんて約すのがいいんだろ?)に加えられたと発表してる企業を見つけました

元記事はこちら
Sinobiopharma has Production Rights to 23 Drugs Listed in China's
National Essential Drugs List


問う事はもうリスト自体は出来てるのかな?
いかん、決算ばかり見ていて、ニュースを追いきれてないぞ


この会社OTC(ナスダックやNYSE等に上場してないオーバー・ザ・カウンター
で売買されてる)なのですが、医薬品の会社です
多分、アメリカの証券会社に口座があれば買えると思います

売上は08年から09年(5月が会計年度末)で2.12倍
粗利は、何と4.37倍と凄い拡大ですが、、、
ストックオプションを大盤振る舞いしたために、大赤字になっている
(これが無ければかなりの黒字を達成出来ていたのですが)
と言う面白い(?)企業です

ちなみにオプションの行使価格はusd1.8なので今の0.3台から考えると
遥かに高いです。
最新の四半期で、利益にストックオプション抜足し返してEPSを計算すると
USD0.007位ですね


この会社が新しい基本的医薬品制度に関連する発表をしています

生産する権利を持っている薬品の内、23種類のジェネリック薬がChina's
National Essential Drugs List(なんて約すのがいいんだろ?)中国必須医
薬品リストに登録された

このリストは医薬品の内、中国で最も一般的な病気の8割をカヴァーするためのもの
この計画の下、リストに掲載された医薬品は初めに様々な政府機関が購入、その後
医療機関へと配られる
また、これらの医薬品は全て、政府がサポートする基本的保険の対象となる


このプログラムは、その他、3万の新病院やクリニックなどの建設を含む
医療機関のアップグレードを指示している


CEOは「投資リターンが上がると思うよ」と、言ってますね

2009-11-17(Tue)

ssrx 09-3q

ルオシンも随分上がってきましたが、直近4半期のperでは15倍程度、
これは過去の伸びよりかなり保守的に、来期3割上がると11.5倍程度
の数字であり、このセクターに強気の環境であるとすると、まだまだ割安
だと思います。

ただ、この会社は四半期報告が数字以外は殆ど2Qと変わってない等
現状の把握はかなり難しいのが大きな欠点です。

色々みていると、医療業界の設備投資の増加などは、かなり広範囲に
渡っている訳で、ここはQ&A等もあり相対的に現状がより具体的に分る
可能性もあるし、割安なら買いの候補になると言う事で、みてみました

しかし、結果的には疑問が残る上、答えられない質問の割合が多かった
ですね。業界全体の話は少なかったし

09-3q_20091117222319.jpg

09-3q deta


CCに出てくる数字はUSD建てです

以下はSSRXのCC
※CC発表時の資料はHPにあります
http://bbs.3sbio.com/Images/PPT_20091112[1].8.pdf

現在、去年申請した3つの製品について、SFDAからの承認を得るため
積極的に働きかけている

瀋陽の建設中のEPIAOとTPIAOの新製造工場はスケジュールどおりに
進んでいる。

最も重要な事は、自社の腎臓学(ネフロロジー)と腫瘍学(オンコロジー)
の販売・物流インフラ網を構築し、新製品によって自社のコア事業である自
社の生物製薬を
増強する事


CFO Bo Tan

売上は、例年通り4Qは3Qと比べて弱くなると見ている
営業cfは9ミリオン(RMB61.64ミリオン)

COO David Chen
コア事業であるEPIAOとTPIAOがyoyでそれぞれ31%、41%と力強く
伸びた

中国の透析マーケットは引き続き延びており、EPIAOがEPO薬で承認
された唯一の薬である事から、オンコロジーセクターでの知名度を上げる
よう努力を加速させている
自社のEPIAOはオンコロジーマーケットの売上に占めるシェアは、3割で
今後まだ延びる余地がある

全体的にマーケットの浸透は非常に上手く言っている、最新のIMSによる
リサーチによると、2Q時点でのEPOマーケットのシェアは42.6%と過去最高

瀋陽の新工場は30ミリオン投資、来年の早い時期に新しい生産ラインの
テストを行う

ferumoxytol(フェルモキシトール 慢性腎疾患(CKD))の開発及び商品化で
合意しているAMAGは4QにFeraheme(慢性腎疾患を有する患者の鉄欠乏性
貧血の鉄補充治療)の臨床試験の申請を目標にしている


Question-and-Answer Session

Hongbo Lu - Piper Jaffray

・今月にある basic medical insurance drug listに追加される可能性

追加してもらえるように働きかけてるがはっきりした事はいえない、追加される
ことは間違いなくポジティブ、価格は多少影響を受けるが、ボリュームの伸び
で埋め合わせできる。そうなればポジティブだが、現状ははっきりとコメントで
きない。

・basic medical insurance drug listというのはリスト自体が改定されるのはご存知
のかたも多いと思いますが

読んで字の如く、該当する薬品は薬を買うお金を払ってから保険会社に申請すると
返してくれるという制度です。

私の理解だと、いまのとここの制度は国がお金を返してくれる訳ではなく、
保険会社と契約してと言う制度
(どこで見たのかは忘れたので、間違ってるかも知れませんが・・・)

これが今後は基本的な保険の対象となるその保険に関しては政府が120元
補助してくれてと言う事ですが、長くなるので、詳細を知りたい方はこの辺りを読む
といいと思います。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0723&f=column_0723_002.shtml

ついでに、参考として
国民皆保険に向けた中国の医療体制改革

個人的に疑問なのは給付限度額が6年分の可処分所得や(農村の場合)
純収入に相当する金額だと実際の保険料自体は幾らになるんでしょうね?

今の医療保険はかなり高いと言う話がありますが。
保険会社も保険料の値下げを迫られるのかな?
http://ch.livedoor.biz/archives/51196332.html



Ram Balarasu - Soleil Securities
・新工場は完成してから何か手続きが要る?

稼動の検証やGMPの承認及び検証が必要、来年前半の6ヶ月
をこれに当てる。
国外について言えば、まだ臨床試験が必要


世界市場を見れば、制御経路(regulatory pathway)は主要なドライバー
となっている、初めのターゲットとしては、オーストラリア、マレーシア
南アフリカなどを見ている、その後でヨーロッパの市場と見ている


・新工場のキャパ、EPIAO・TPIAO以外も生産?
EPIAOとTPIAOの生産に専念

・他の製品の生産の力獲得のための買収?
機会を見てはいるが、まだ将来道行動するのがいいか考えている

・93%のグロスマージンは維持可能?
マージンのレベルについてガイダンスは発表しないが、来年新工場が稼動
この先10-15年間平均で、償却費が毎年10-15ミリオン発生するので、グロス
マージンはプレッシャーを受ける

→この会社から見れば、結構大きな金額ですよね、4半期でRMBベースに直すと
17-25ミリオン、今期の営業利益は28ミリオンなので
しかし、30投資して、1年で10-15償却だと残存価値0でも2-3年で償却完了となり
チョット意味が分りません
元建てで考えてもオーバーだし、1.0-1.5の間違いだとすると、筋が通るのですが・・・
まあ、固定資産全部あわせても100ミリオンもあるわけではないのでやはり間違い
でしょう。


・新製品・ライセンス?
事業の発展やフランチャイズと言う観点から、ネフロロジーだけでなくほかの幾つかの
エリアにもフォーカスを当てている

オンコロジーは支持療法に強いプレゼンスをおいており、1つの製品が
SFDAの承認を待っている、これは初めてのオンコロジーテスト
さらに標的療法やモノクローナルと言ったエリアも重点的に研究している


Katherine Lu - Oppenheimer
・EPOマーケットの成長、価格環境

5%くらいの値下がりを予想しているが、今年の価格環境は安定
マーケットは過去5年間でいると、15%くらいの成長率、3Qは少なくともこれ位
は成長した。

来年は地方によって違うが、5%くらいの値下がりと仮定している


・高用量EPAのSFDAからのフィードバック
SFDAの臨床データについて幾つか意味のある反応が得られており、来年中には
承認が降りると思う


・季節性以外に何か業績に関連のある要因
4Qは過去の売上をみると、3Qより一桁から18%くらい弱い

去年と違うところは2つあり、今年は、建国60周年で沢山の祝賀行事が
行われた事
もう一つは天気、新型インフルや雪の状況が去年と違うので、保守的に
注意深く見ている


・グロスマージン
規模の経済によるところが大きい、全ての商品の期損の向上は10年以上
使ってるので、償却期間は終了している事が大きい


Cheng Hu - Mentor Capital

・輸出
多くの国に輸出しているので、伸び率は国によって違う、全体としては
伸びている。まだ全体の5%と小さいがフォーカスを当てている

・AMGAがFerahemeのSFDA申請
全てのFDA関係書類を翻訳して、臨床試験申請を送る
AMGAから書類を提供してもらい、そのパッケージを自社がSFDAに送る
このプロセスは6-9ヶ月かかり、その後自社で臨床試験を始める


James Tong - Roth Capital
・高用量epoを投入したら、既存商品と共食いにならない?

高用量の製品は、通常3回必要な物が1回で済むので、さらにオンコロジーを
浸透させることに繫がる
ある程度の共食いが起こることは想定しているが、程度は不明
今は兎に角SFDAから申請をもらえるように努める

・新工場の売上への貢献

来年の下半期

Jeb Besser - Manchester Management
・新工場のバジェット30ミリオンの内幾ら使った

去年5ミリオン、1Q・2Qが3.5ミリオンづつ、今期は5ミリオン以上
だが、4Qは13-15ミリオンの予算を使う予定
工場を建設後、100ミリオン前後のキャッシュが残る

Hongbo Lu - Piper Jaffray
・臨床試験の計画書には何人の患者が必要

Ferahemeの検証は大体200人くらい。100人には実際の薬を与え
残り100人には実対照薬(要は、ダミーの薬)を与え30日間観察
大体6-12ヶ月かかる。
NDAは研究が終わってないので、多分2012年くらいまで掛かる

Katherine Lu - Oppenheimer
・R&Dコスト

売上比で3-5%で推移、今期は8%を少し上回ったが、特別な事はない
5-10%が通常。今期は幾つかの臨床前研究プログラム費用が掛かった

・feromoxytolにかかる予算
患者200人、RMB3-5ミリオン

・マクロ政策
返金を受けら得れる薬品リストのリニューアル、透析の分野でもカヴァー
されるものが増える
2009-11-12(Thu)

dgw 09-3q

取りあえず見終わったものから書いていきます

09-3Q_20091112145429.jpg

セグメント
SEGMENT_20091112145423.jpg


TURNOVER_20091112145417.jpg


以下CC

予定通りに設備を拡張、完工は来年の中頃、来年末までには稼動を予定
新商品も計画通りに発売。

5:35-
中国では公共及び私企業の水関連の投資が今後も拡大
2006-2011の期間に当たる11回5カ年計画では、47ビリオンドルが汚水処理
政策の取り組みに振り分けられている。
また水に関する事故も増えていて、これも需要増に繫がる。
6:07

6:25-
価格的には国際的競合企業よりも優れていて、品質と言う観点では国内企業より
優れている。
6:40

7:00-
マーケットリーダーシップ、知名度、販売網は水処理設備企業としては
中国最大規模
7:20



7:58
financal review

グロスマージンが良かったのは、数年単位で見て主に鉄鋼価格が安かった影響
今期は、通常の価格に戻ってきており、この流れはまだ続くと予想

販売コストは、3Qにブランドの認知度を高めるために、広告を出したため増えた


11:30-11:55

鉄鋼価格が通常に戻るため、来期のグロスマージンは低下
今年の希薄化考慮後の加重平均株式数は37ミリオン(ads)
13:45

14:27-14-44

piper jeffry

・広告費、今後どうなる?
15:36
2010年10月までのtvの年間契約、5.5ミリオンドル

17:02-
・来期の新製品発売予定?
17:25
9-10月にかけて3種類の汚水処理、2種類の循環系、1種類の汚水処理
来期の新製品発売の予定は無い。
18:16

18:20-
・グロスマージン
9月は全てではないが鉄鋼を含む、幾つかの材料が2-9%上昇
原材料は大体、コストの4割くらいを占めている
4Qのグロスマージンは40%中頃と予想
このまま通常の価格になれば、40%前半から中頃の数字に落ち着く
19:35

20:00
・キャッシュポジション
20:28
前期から安定的に推移しているが、今期生み出したCFは主に、土地や設備
購入のデポジットとして使った
来年完工予定の設備は現在土地の入札段階
21:45

22:18-
・来期の売上の伸びチョット弱い(多分qoqで見ると)
23:55-
去年の売上が非常に強かった。

・次回の5カ年計画の現実的見通し
26:36-
非常に難しい質問だが、経験から言って実際中国政府は5カ年計画を作成し、
5年間均等に予算を配賦するが、3・4年目は割り当てられた1年分の額上を
回っている。毎年このセクターに対する投資は増えており、この流れが逆行
するとは思ってない
27:45

27:55
・政府投資の増加率、刺激策
28:45-
政府の投資は10-20%増加すると予想

29:14-
・代理店の拡大、広告との関係
29:57
変化は無い、見直しは年末
広告は代理店と連動して行っている
来期の代理店も80-81の予想

32:00-
・税率
32:45
税金が免除される施設があったのは去年まで、現在・今後とも
25%

33:05
・グロスマージン
34:13
グロスマージンの変化は非常に小さい、サプライヤーとは年間契約
素材の価格変動が10%を超えた場合は再交渉

opppenhimer

35:50
・新製品の貢献度
今期、新製品からの売上は計上されていない

・景気刺激策
今期刺激策のインパクトは大きくなかった
汚水処理セクターの売上の10-15%

・来年の成長ドライバー
38:35-
汚水処理ビジネスは、政府の投資と、規制
他の2セクターは既存の商品の需要が強い

現在の施設は2009年から拡張を始め、フェーズ1が6月の終わりに完工
フェーズ2は設備が新年になる頃に手元に来る、始動は2010末


より厳しい環境保護法や水処理製品の利用に関する政府の規制など
により需要は高かった。どの製品も売上は伸びたが、汚水処理機器は
他の二つのセグメントよりも需要が強かった
2009-11-12(Thu)

hmin09-3q

09-3Q_20091112144044.jpg


09-3Q TURNOVER


09-3Q OPERATING


09-3Q AT LEAST 18MONTH




CC
金額はRMB

今期は36の新ホテルの開業、内28がフランチャイズ

新しいホテルの和リアが少なかった事で利用率が上がった
前期比では、季節性も僅かに貢献した

利用率の上昇は、一日辺り宿泊料(ADR)が前年比で低下した事と釣り
合っている
ADRの減少は等級の低い都市への出店を継続したためで予想出来ており
前期より安定していた

18ヶ月以上営業しているホテルのREVPERも3四半期下落してきたが今期は
切り替えした、今後18ヶ月以上のホテルの割合が増加していくに連れ、HMINの
業績に貢献していくと思う

18ヶ月未満のホテルは殆どが、第2・3級都市にあり、立ち上げ期の業績としては
全年同期の同種のホテルと比べても良好

プレオープニングコストが低かったと言う好条件を差し引いても、去年と比較して
オペレーティングマージンは上昇した。


May Wu, CFO
フランチャイズホテルを沢山オープンしたので、初期フランチャイズフィーが膨らんだ

ストックオプションを除外したリースホテルの営業コストの割合は76.1%、521.6ミリオン
で、去年の81.4%や前期の79.8%から減少した。
これは、建設中のホテルが減ったため、プレオープニング費用が少なかった
前期との比較ではコストベースが安定していてREVPERも上向いた事で、ホテル辺りの
売上が伸びた

プレオープニングコストは4.6ミリオン、2Qは10.2ミリオン、去年32.6ミリオン

販売・マーケティング費は前年比3.1%減、前期比39.6%増
去年と比較してマーケティングプランがアグレッシブでなかった

一般管理費/売上の割合を低下により、コストにレバレッジをかけて売り上げの拡大を達成

EBITDAは191ミリオン、YOY+86.4%,QOQ+28.1%

キャッシュは755.4ミリオン、転換社債は437.9ミリオン


Q&A
Jeff Hugh - Green River Investment
・2010に開業予定のホテル数、フランチャイズとリースの割合

現時点では、180-200を予定、少なくとも6割がFC


・去年より利用率高いのに、REVPREが同じ

年初に経済状況が悪かったため、第一級都市の価格を見直し、選択的に
引き下げた

Ming Zhao - Susquehanna Investment Group
・新型インフルの影響
来期の予想が弱いのは季節性、インフルの影響は見込んでない


・税率
転換社債の買戻し費用や為替損失、ストックオプションは控除できない
これらを調整して、23-24%くらい

Lin Ho - Morgan Stanley
・HホテルのADRと利用率
少しずつ改善を続けている、今も微調整をしつつ、営業を通じて研究中
今期はEBIDAベースで利が出た

Eddie Leung - Banc of America
・レンタルコストのトレンド
08年の後半から安定している。

Wendy Wong - RBF
・値上げ
経済状況とのバランスで考えている
来年も大幅な拡張を予定しており、取分け第一級都市の価格については
これらの都市に更にホテルをオープンする事もあり、保守的に見ている
第2・3級都市は近いうちに価格を見直すと思う

・CTRPと更なる協力を図る?
HMINは独立しており、CTRPともフェアなビジネスを行っている
マーケティングに関して繋がりがあるだけで、特別な取引はしてない

Justin Quark - Goldman Sachs
・都市等級ごとのパフォーマンス
18ヶ月以上経ってるのホテルの過半は第一級都市
直近2四半期では、第2・3級都市の方が早く回復、一級都市はまだ安定した
状態に向かってるとこ

利益の確保と自己資金でやりくりするバランスを保ちながら成長したい
リースホテルの数を限定するのは正しい戦略だと考えている
既に参入したいマーケットの殆どで、マーケットリーダーであり、バランスの取れた
ペースで成長が可能

09年にオープンしたホテルの内FCは3-4割にすぎず、マージンと成長のバランスを
考えると景気が減速していても、50%以上が望ましい


うーん、レジャー客とビジネス客の割合を知りたかったんだけどな
一応言葉ではでてきてるけど回答としては無いですね・・・


2009-11-03(Tue)

09-3q VISN


来期予想に関しては、相当保守的な感じですね
これだと、3Qと比較して増益にはなりますが、3Q比5-7割位の減収
になってしまいます。
これはCCに利益を保守的に見積もっていると言う説明があるので、
確実に達成できる数字を出してきたのでしょう。
ヤフーファイナンスの来期利益ではUSD0.08、純利益に換算すると
5.8ミリオンとGAAPにしろ、NON-GAAPにしろアナリストはかなり下がると
予想しているようです

一つ注意しておかないといけない点としては、この会社はNON-GAAPで
予想を出してますが、GAAPとNON-GAAPの差を考えた時、大きいのは
ストックオプションであり、これはNON-GAAP利益の13%位です

業績が悪化した09-1Qに自社株買いを行い、その頃から1ミリオンを超
えるくらいにまで増えて、今期も大体それくらいの水準を維持しています

STOCK OPTION

ちょっと気になったので少し詳しく見てみると
ストックオプションは殆ど一般管理費ではなく、販売&マーケティングとして
計上されてますので、経営陣ではなく一応従業員に配布されているのだと
思います
(何処かの段階で経営陣が買い取っているかも知れませんが)

売上の減少に関しては、去年はオリンピックがあったから位にしか説明されて
いませんが、じゃあ何故08-2Qと比較しても弱いんでしょう?営業データを
ざっと見ると

09-3Q OPRATING DATA

☆1時間辺りの広告時間
・これは特にイベントが無い時期でも、8分の時期もあった

☆1時間辺りの広告売上、
・オリンピック前との比較では高い(既に08-2Q比では問題ない)

と言う2つの要因は直ぐに分ると思いますが、

☆ディスプレー辺りの放送時間が短くなってる
・これはnetwork capacity/displaysを見ると分ります
(キャパシティーと言うのがどういう単位なのかは分りませんが、基準は
総放送時間なので)

・新しく進出した土地は、相対的に地下鉄やバスの営業時間が短い?

これは売上とは直接関係ありませんが、この表から分るのでついでに

☆ディスプレー1枚辺りのメディアコストの上昇
・メディアコストは鉄道やバスの運営会社に支払うお金と、自社以外のネット
ワークの広告枠を買う際の費用。
前者は、契約にもより漸増していく物もあり

要は、放送時間は見た目以上にかなり減ってるし、1枚辺りの場所代は上昇
売上に対して手間は増えてるわけで、まだまだ良くはありません。

----------------------------------------------------
とはいえ、厳しいながらも体力をつけた結果として

☆顧客基盤の拡大
営業活動の成果だけではないだろうけど3ヶ月で2割も増えた。
招商銀行やサムスンなど大手企業も増えたのは、テレビCMの
価格引き上げを見込んでか?

☆ネットワークの拡大

環境が良くなってきていて

☆契約期間の長期化


☆買収の効果

・シェアの拡大
6割を超えている

・メディアコストの低下
・顧客から見た魅力が拡大

しかし、上海の地下鉄はかなり進出しているのに、何でネットワーク外
と言ってるのかは良く分かりません

☆CCTVの広告価格引き上げ
・テレビ広告自体の魅力が上がった訳ではないので、テレビ広告の人気化
では無く相対的な割安感がアップするのではないかと思う。

将来の好材料候補

☆衛星テレビへ広告を提供


☆上海万博などのイベント

☆鉄道網の拡大
地下鉄も拡大しますが、鉄道網拡大の波及効果もかなり有るのでは?
中国の「鉄道革命」、国土“縮小”で発展もたらす
http://www.excite.co.jp/News/china/20091101/Recordchina_20091101001.html
元ネタはこちら
http://www.newsweek.com/id/219416
-----------------------------------------------

逆に、今の時点からネガティブに作用しそうな物は

☆交通機関の運営会社に支払う営業料の上昇

☆収益率の高い地下鉄の減少
→大都市にはかなり進出しているので、今後ネットワークの拡大ペース
の鈍化や、利益率の低い土地への展開となるかも知れない
衛星テレビへの展開を考えたのも、これが背景かも

2009-11-03(Tue)

visn 09-3q

09-3Q.jpg

09-3q deta2

09-3Q DETA

それ程割高感が無く、来年面白くなるかなと期待をこめてvisnを
見てます。
(単なる好みもありますが・・・)
あまり時間が無いので、取りあえずCCとデータを上げておいて
追記か別の記事で考えた事を書いていこうと思います。
2009-11-02(Mon)

visn 09-3Q cc



とりあえず読み終わったので

http://seekingalpha.com/article/170056-visionchina-media-q3-2009-earnings-call-transcript?page=-1

DMGの買収により事業を香港にも拡大

10/16
アモイのモバイルテレビ広告ネットワークと契約を発表

10/21
広州メトロの5番線(来年11月のアジア競技会へ直接接続)へ
ネットワークを拡張

中国のモバイルTV広告市場で上半期ヴィジョンチャイナのシェア
50.7%、DMGのシェアは9.8%だった

北京オリンピック同様、上海万博やアジア競技会を収益に結び
付けられる自信がある。

衛生テレビの広告時間の購入に関しては、複数のチャンネルと
交渉している。

4Qに関しては、広告予算は保守的で競争も厳しい

ネットワークの拡大と、業界の再編により、リーディングポジションは更に
強固な物となった。

Ministry of Housing and Urban rural development(なんて約すんだろう?)
によると、中国の地下鉄及び他の路線は、建設済み、建設中も含めて
2015年までに158に達する。
政府が政策により、新しく大規模な公共交通機関の開発と、地下鉄の建設
を進めており、ヴィジョンチャイナが大きく成長するチャンスになっている
---------------------------------------------------

CFO:Scott Chen

DMGとの提携により、北京、広東、新センを含む豊かな都市で19のバスライン
ネットワークを運営、4つの第一級都市、香港のエアポートエクスプレスを含む
8つの地下鉄ネットワークで独占的に営業する事になる。

合併に際し、内部の監視チームを作った

コスト面では、DMGの代表と共に、11月に行われる北京地下鉄ネットワークの
入札を含む、重要な契約の入札に臨んでいる。

顧客との交渉に関しては、発表直後からDMGと共に臨んでおり、今の所
ポジティブに働いている。
顧客が、今回の合併で価値が上がったと見ているのは明白であり、上海で行った
記者会には、主要顧客であるヤムブランド(ケンタッキー)やユニリーバの副代表、
OMDやKineticの代理人などが参加

今期は新都市への進出は無かったので、キャパシティの増加は小さい
前期比で時間当たりの平均売上(ASP)が減少しているのは、主に、引き続き競争が
激しいことが原因。

来年のASPは大きく改善すると見ており、規模が拡大した事で、大きなイベントでは
価格決定力が高まる

売り込みに力を入れたことで、時間当たりの広告時間は増加

今期は334ブランドの広告を取り扱った、前期は274だった
主要な新規の広告主は、サムスン、ニコン、ボシュロム、商工銀行等

営業は346人、去年は325人

売上の減少は、メディアコストと独占契約ではない都市での費用の増加

営業マージンの減少は、原価の増加が営業費用の減少を上回った

DMGの買収完了は、2010の1Qを見込んでおり、4Qの業績には影響なし

Q&A

Eddie Leung - Banc of America

・新規契約無いのに何故ロケーションコスト増えた?
幾つかの契約では漸増するように設定されている
また、自社で契約していないネットワークからの広告時間の購入
自社契約の無かった都市には上海、杭州、アモイが含まれるがこれらの
都市は、現在自社の契約か、DMGとの買収により自社ネットワークになる

・主要産業のシェアと、売上に占める割合
家庭商品と、消費財といった小売セクターに強い
3Qは飲食セクターが24%、医薬品が18%、家庭用品と衣料品が8%

・DMGとのシナジーいつから発揮?
来年度への影響はもう少し様子を見てから発表したいが、影響は既に
出始めている。
12月までには、はっきりとした見通しが立つと思う

Phillip Won - Morgan Stanley

・新顧客のセクター
小売がメイン、大企業、複数の都市に広告を出してくれる顧客に焦点
上海の小売大手Meters Banwi
小売に焦点を当てつつ多角化を図っている、ネット企業もドンドン魅力的
になっており、多くのネット企業から広告を獲得している

健闘しているセクターとしては、飲食、家庭用品。
広告費回復の兆候ではないかと見ている

国内・国際企業での差はあまり無い。


・価格トレンド
価格プレッシャーはまだあるが、オペレーティングデータにようると、自社の
差別化で効率的に対処できている。

今期は戦略として、2010年の広告予算の話し合いを前に、より幅広い顧客
をひきつけられることを確認したかった、そのため今期は調整
競合と比較すると、持ちこたえた方だった

トレンドが回復する際にレバレッジをかけられるよう、より広いプラットフォームや
価格決定力を持つ事をもち良い位置に付ける事を目指した

Wallace Cheung - Credit Suisse

・来年の広告産業の成長
テレビ王国の規制があるので、難しいが15%以上になるのではないかと
考えている
多くの広告主が興味を持っており、料金表について協議している
来年のテレビ広告に対する規制が発表されており、代替案として自社の
プラットフォームが注目されている。

・来期のNON-GAAPの業績ちょっと低い
来年の準備に受難性を持たせたいので保守的、達成する自信がある
前期の予想を修正しなかっただけ、メディアコストの上昇は0.6ミリオン
を見込んでいる
販管費も安定しているが、来年の交渉に向けた営業活動の活発化を考え
余裕を持たせている。
貸し倒れ損失の増加は見込んでいない。

・CCTVの広告価格引き上げは、テレビ広告により多くのお金を
使うだけでは?
CCTVだけでなく、衛星TVや地方のテレビも価格を2-30%引き上げている
多くの顧客と話してみると、自社との契約に本当に興味を持っている、また
2Qでは7割以上が3ヶ月未満の契約だったが、現在では58%にまで下がった
この事はまだ成長の余地が大きい事を示しており、来年の料金表の引き
上げに動いている

Ming Zhao - SIG(上海国際集団)

・DMGの買収資金
銀行から借入

James Marsh - Piper Jaffray
・自治体との契約更新時の価格動向
自社や他者にとって重要な都市である場合、価格は高くなる
長い目で見れば、このコストは良い結果に繫がっている。

Jenny Zhan - GMO
・今後12ヶ月で何%の契約が切れる?
主要なものは、北京地下鉄の契約で今年度末、来年の中頃に新セン
地下鉄で同じ時期に入札を行う
北京地下鉄と交渉に入るところ、価格交渉には自信を持っている
来年の営業料は保守的に10-15%の上昇を予想している
2009-11-01(Sun)

09年9月の保険料

hokenryou9gatu1.jpg
hokenryou9gatu.jpg

ちょっとでかくなりましたが、保険料全体に占めるシェアを入れてみました。

9月は生保損保共に高に伸びを示しています。

上の表にある会社では、生保・損保共に大手であるチャイナライフとpiccの
保険料収入の伸びはそれぞれの業界全体の伸び率をアンダーパフォーム
しています。
やはり、平安保険の伸び率が際立ってますね。

ただ、今後新規融資の管理やオートローンの審査が厳格になると言われて
ますので、損保の高成長が続くかどうかは不透明です。

また、cisgは少し前に、住宅&オートローンのブローカーに出資しましたが、
こちらの業績にも影響がありそうなところです。

チャイナライフや平安保険の資産運営は、債券が中心で今後ともその方針
を維持するようです。

決算はやはり気になるものはCCを読んで書こうと思います。
先に数字だけアップするかも知れませんが。
少々お待ちを。
プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。