--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-13(Tue)

ヴィジョンチャイナが売掛回収は順調と発表

ヴィジョンチャイナは売掛が9月末の43.7ミリオンUSDから、
08年末には36.29ミリオンにまで減少したと発表しています

前回の決算では、売掛が原因の一つとなって、キャッシュフローが
マイナスになっていました。
売上の伸びがどの程度になっているかは分かりませんが、キャッシュフロー
黒字転換の可能性が高いのではないでしょうか?
スポンサーサイト
2009-01-12(Mon)

来週の予定

1-11.jpg
1-11-2.jpg

今週の予定です
決算がパラパラと出始めました。
業績がいい会社はあまり無さそうな感じです、悪化の度合いと
見通しがどうなって行くか

ECB理事会が開催されますが、市場では既に、75BPの利下げを織り込む
状況となっているようです。
仮に0.75%下がると、1.75%となりますが、日米に比べればまだ高いです。

-------------------------------------------------

ついでにニュースを張っておきます

中国の不動産価格、12月はマイナスに転落
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090110AT2M0903F09012009.html
逆に言えば、11月まではダメだと言われつつも前年比ではプラスをキープして
いたわけです。
因みに、万科企業の社長は、低所得者向けの物件扱いにかなり乗り気なコメントを
していた気がします。

そして景況感も大幅に悪化しています
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20081009D2M0903709.html

ちっこい記事なので、ネットには載っていないようですが、外国から
中国への旅行者は約1億3千万人で、2%減だった模様。

バラ積み船の市況はかなり回復してきた模様
http://www.nikkei.co.jp/news/kakaku/20090109d1j0900k09.html
新興国向けの鉄鉱石が動き出している辺り、まだ売れる商品があるんだろうな
しかし、昨年末のかなり溜まってた在庫は捌けたのか?
まあ、食料が底堅い事の方は納得できます
2009-01-06(Tue)

ヴィジョンチャイナが北京13番線とBatong線の契約更新を発表

http://redskyinevening.blog116.fc2.com/blog-entry-269.html
以前、08年末にリニューアルを迎えるとしていた、北京地下鉄13番線と
Batongの契約更新を発表しています
これらは、07年から運営しているラインで、車内に1920のスクリーンを
投入しています

また、この発表に伴い、北京地下鉄の5番線、オリンピックラインの8番線
10番線の最終契約を締結し、09年の元旦より効力を発揮していることも
発表しています

全スクリーンの数と、一日辺りのオーディエンスの数は、北京の可処分所得
増加率、GDPは前回発表と同じ数字が使われています。
---------------------------------------------

しかし、前から更新されるであろう事が分っていたのに、かなり上げましたね
余程酷い自体を想定してたのか?
2009-01-05(Mon)

cmedのhifu部門売却が完了


年末に出ていたニュースですが

CMEDがHIFUビジネスを主要株主であるChengxuan International
への売却を完了したと発表しています


昨今の金融危機に加え、SFDAの規制強化、アメリカやヨーロッパでのHIFU
販売承認を得るために巨額の設備投資が必要となることが理由として挙げられて
います。

現在の金融危機で、HIFUビジネスの先行きが悪化、販売店も最近では金策に
苦労しており、出荷スケジュールを遅らせたり、注文をしなくなったりしている
更に、HIFUを購入を考えていた医療機関の幾つかも、代理店からの提案を保留
にしている。
また、HIFU代理店からの売掛金回収が、大規模で回収が遅くなっており、これらの
事柄を考え合わせると、高額のHIFU機材が経済悪化の影響を受けにくいとは
考えにくいので、09年も回復するとは考えにくい。

HIFUビジネスの見通しを改善しようと思えば、販売価格の値下げや、医療機関との
プロフィット・シェアリングなど、積極的な対策が必要になる。
今の所プロフィットシェアリング契約は、販売会社と医療機関の間のみ

現在同社のhifuは証明のリニューアルをsfdaに申請中で、前回
必要ではなかった書類が必要となるなどして、予定より遅れています
さらに、sfdaが要求している臨床試験データが、手元に準備できていないので
制限期間内に全てのデータを揃えるのが不可能な状況にあり、このままでは
証明の範囲が前回より狭まるため、hifuの売上に大きな支障をきたす
恐れがあります

また、アメリカでfda申請も、条件付では通ったものの、完全な認証に必要な
手続きを考えると、3-5年掛かり、当初の予算よりも非常に大きくなってしまいます

売却価格は、名の知れた国際企業の評価で、361.2-419.3ミリオンRMBと評価
され、売却価格は、53.5ミリオンusd。

→かなり下限に近い価格ではあります

この売却により、ピュア体外診断薬企業へと転身
売却により得た資金は、急速に発展する分子診断ビジネスの開発と、その分野で
リーディングカンパニーとなるために使用するとしています
2009-01-03(Sat)

現状の確認

明けましておめでとうございます。
昨年は、株式市場にとって、大変厳しい年でした。
個人的には、今年もドンドン良くなるような展開を望むのは
難しいのではないかと考えていますが、市場の観察と投資は
少しずつ続けていくつもりですので、今年もよろしくお願いします

本当は年末にやっておくべきことだったのかもしれませんが
取り合えず、今の状況を整理しておきます

ゴールドです
GLD_20090103101654.jpg
かなり戻してきています。
ゴールドが上昇する原因としては、通貨の信用が低下する場合と
インフレの場合があります。
(通貨の信用低下が続けばば、最終的にはインフレとなりますが)
今のところは前者だと思います。
また、局面としてはインフレよりデフレとなる状況です。
注目点としては、ビッグ3の追加救済でどの程度の資金が必要となるか
さらに、企業の救済が必要となっていくような展開となるのか否か

原油です
OIL_20090103102416.jpg

水準としては、07年の安値も大幅に下回って05年の安値辺り
底打ち感があるようにも見えます。
しかし05年も基本的には景気の底だった訳ではありません
基本的には、需給よりもテクニカルや地政学リスクの方が大きいかも
しれません

バルチック指数です
BALTIC.jpg
こちらは既に、05年の水準も相当下回って、底を這っています
ただ、問題なのは海運市況が良くなると言うことを意味しているのとは
少し違うと思います。
また、海運業界と言うのは、景気の拡大に伴い、船を沢山作りますが
景気が後退すると、赤字企業が多くなるような、体質です。

次は為替
対ドルです
usd.jpg
一度は元高政策を放棄かと言われましたが、現状としては、
ほぼ高値水準に戻ってきている状況ですこのまま横這いを続けるのか
更に高くなってゆくのか、注目していきます

対ユーロです
eur.jpg
こちらはユーロ安もあり、高値から1割ほど下の水準にあります
どちらかというと、中国とヨーロッパとの関係というより、アメリカと
ヨーロッパの関係の問題ですね。



プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。