--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-25(Thu)

ニュース

今日は過去に日経に取り上げた銘柄にたいして、これはちょっとインパクトアリかな
と言うニュースが乗っていたので、紹介します

中国製鋼管に相殺関税 米貿易委が決定、通商摩擦激化も
 【ワシントン=米山雄介】米国際貿易委員会(ITC)は22日、石油や天然ガスのパイプラインに使われる中国製の円形溶接鋼管が同国の補助金により不当に安値で輸出されていると認定、最大40.05%の相殺関税をかけることを全会一致で決めた。ブッシュ米大統領が拒否権を発動しなければ、米国向けの輸出製品について上乗せ関税が適用される。
 同鋼管を巡る相殺関税の適用を巡っては、中国側が世界貿易機関(WTO)に異議を申し立て、係争中。多角的通商交渉(ドーハ・ラウンド)で対立する米中の通商摩擦が激しさを増す可能性がある。
 相殺関税は自国産業の保護を目的とした対抗措置で、政府の補助金などによる不当な安値での輸出を上乗せ関税で調整する仕組み。米鉄鋼メーカーなどからの指摘を受け、米商務省が今年5月に相殺関税を適用する方針を決定。ITCの調査による最終判断を待っていた。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081223AT2M2300E23122008.htm


恐らく相当するであろう製品を作っているのは、0839.hkの天大石油管材と
0568.hkの墨龍石油機械であろうと思います

今のところは、米国輸出分のみが、相殺関税の対象となりますが、WTOで
中国側が負ければ、輸出全体が厳しくなるものと思われます。

天大の海外売上比率は、中間期時点で41%(アメリカ向けは不明)
墨龍の海外売上比率は、同じく中間期時点で45%、アメリカ向けは全体の14%
と、なっています。
----------------------------------------------------------

ついでなので、もう一つ

中国の3行、台湾系中小企業を支援 1兆7000億円の融資枠
 【上海=渡辺園子】中国政府は21日、金融危機対策の一環として、中国に進出している台湾系企業を対象に中国工商銀行など3行が合計1300億元(約1兆7000億円)の融資枠を新設すると発表した。資金繰りが悪化している台湾系中小企業を積極支援。倒産や人員削減などを防ぐとともに、台湾との経済関係強化を加速させる狙いがあるとみられる。
 21日まで上海で開かれた「両岸(中台)経済貿易文化フォーラム」の閉幕式で、中国の王毅・国務院台湾事務弁公室主任が、台湾系中小企業の支援を含む10項目の協力策を発表した。同フォーラムは中国共産党が台湾の与党である国民党と共催。経済人や学者など約400人が参加した。
 融資枠の対象となるのは中小企業を含めた台湾系企業。国有の中国工商銀行と中国銀行がそれぞれ今後2―3年内に500億元の融資を実施。政策系銀行の国家開発銀行も既存の300億元の融資枠に加え、3年以内に300億元を追加する。(21日 20:20)

台湾との関係は、三通の実現に加え、大分良くなってきているようです。
スポンサーサイト
2008-12-24(Wed)

11月の経済指標②

フォーカスメディアは思い切ったリストラ策を打ち出してきましたね
温家宝主要が雇用に対してできる限り努力をするよう、企業に要請して
います。
雇用情勢が厳しいのはどこも同じですね

きょうは、小売と固定資産投資です
小売

物価指数には殆ど上昇は見られませんでしたが、こちらは売上
自体は、回復してきたものもあります
衣料品、レクリエーション、家電、家具等の反発が大きいです

一方で、穀物・植物油や、石油製品等のインフレ指標でも下落率が大きかった
ものは、やはり売上も落ちています。
自動車は、半分以下になってしまいました。
こりゃ中国でも厳しそうです。

FIXED ASSET
まずパッと目に付くのは、中央政府の投資と、新規プロジェクトの増加です
景気刺激策が開始されてきたのでしょう。

中身で増えてきているのは、電力と、鉄道ですね

しかし、鉄道はともかく、電力はやや余剰感があるのにこれを増やすのは
どうなのでしょう?
2008-12-22(Mon)

今週の予定

12-22-1.jpg
12-22-2.jpg

年末になって、休場の日が増えてきました
個人的には、かなり首切りが横行しているし、利益予想の引き下げ
もかなり有るので、個人所得にもその内影響が出るのではないか
と思ってもいるのですが。

そういえば、日立建機が下方修正を出していました
ひょっとして中国が悪化して、龍工にも影響があるかと思ったのですが
どうやら、アメリカとヨーロッパでの建機の売上が予想を下回って来た
事が原因のようです。
とすると、やっぱりアメリカの住宅はまだ悪いのかもしれませんね
アメリカの景気対策は、殆ど企業の救済に限られている感もあるような気が
しますし、雇用を改善させるところまでに至るようには、あまり思えないかな
特に小売は、クリスマスシーズンでもかなり厳しそうですし
額がそこそこあっても、安いものや早目にバーゲン価格に引き下げになっている
わけなので、効果はどれほどのものがあるだろうと言う気がします。
2008-12-19(Fri)

メドトがウィガオグループの少数持分買取が終了

更新止まってまして、すみません
ちょっと忙しくて


遅いので、約はまた明日辺りに
ちなみに、香港側も出てます
http://www.hkexnews.hk/listedco/listconews/gem/20081218/GLN20081218040.pdf

メドトロニックはウェイガオの新株を買い取る形で対して15%出資、
金額は1726ミリオンHKDで、購入価格は一株辺り10.247HKD
この出資に関連して、Mr. Jean-Luc ButelとMr. Li Bing Yungの二人が
メドトの任命により、非常勤役員として任命される

流通子会社の株式をメドトが買い取るコールオプションについては、
香港側の発表にも記載はありません。

2008-12-14(Sun)

今週の予定

12-14-1-2.jpg

うーんトヨタも下半期赤字転落ですか
まあ、円高が進んでいるのもわかりますが、設備投資を抑制したり
している事から先行きもネガティブに修正していますね。
何だか、私が考えてるよりも、状況は悪いのではないかと思います。

さて、今週は、FOMCがあります、これは50ベーシスの利下げ予想がコンセンサス
のようです。
また金融機関の決算が開始され、住宅系を含む重要指標が沢山出てきます
住宅は実際ローン金利は下がってきているのでしょうが、実際に成果が出て
来るのかどうか。


ユーロ圏ではECB理事会、日銀政策決定会合が開催
まあ、ユーロは利下げするんでしょうな、やっぱり

今週も、気の抜けない展開となりそうですが
今年も残りあとわずか、杭の残らぬように頑張りましょう!!

--------------------------------------------
ついでなので、少し気になったWSJの期字を貼っておきます

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)(NYSE:PG)は、10-12月期の売り上げ成長が同社の従来予想を下回る見込みであることを明らかにした。小売りおよび流通業者が経費削減と在庫縮小に動き、消費者も予想されていたほど備蓄に動いていないことが背景にあるという。

オハイオ州シンシナティを本拠地とするP&Gは11日、10-12月期は買収、資産売却、為替変動要因を除いた売り上げの”有機的”成長率が、10月に同社が示した予想である4-6%の伸びを下回る見込みと明らかにした。しかし新たな見通しは出さなかった。10-12月期(第2四半期)はドル高が5%の減収要因となり、09年6月期通期でも同様な影響を予想している。

10-12月期の利益見通しと、通期の利益および有機的成長見通しは維持した。

厳しい信用状況の広がりは先進国および新興国の同社の小売業者や供給業者の多くにまで見られている、と同社幹部は述べた。世界全体での同社市場は3%伸びており、金融危機の影響が見られ始めた11月と比べ、1-2ポイント低くなっている、と述べた。

同社のアラン・ラフリー最高経営責任者(CEO)は「P&Gは景気後退(リセッション)に対する抵抗力はあるが、影響を免れるわけではない」と述べた。

同社は、日用品業界を「備蓄庫から物を取り出す状態」にたとえた。消費者は新しい製品を買う代わりに、備蓄していた手元にあるものを使っているという。また、低価格で有名な商品やプライベートブランド(PB)への志向を強めている。PBは、P&Gの低価格ブランド同様、引き続き売り上げを伸ばしている。

P&Gは、消費者の支出を促すと考え、歯磨き粉「クレスト・プロヘルス」や同社のスキンケアブランド「オレイ」最新の「プロフェッショナル」シリーズなど、多くの新製品の開発を発表した。

また、骨粗しょう症薬品「アクトネル」を含む多くのブランドを抱える医薬品事業部の研究開発(R&D)の縮小を加速すると発表した。同社幹部は、こうした医薬品ブランドが売却候補になっていると述べた。2006年初めには、社内での薬剤開発のほとんどを終了し、代わりに小規模バイオテクノロジー会社や大学との契約を進めるのに投資すると発表した。

また、のど薬などの「ヴィックス」、サプリメント「メタムシル」、歯ブラシ「オーラルB」などのコンシューマー事業に焦点を置くことを強調した。

ラフリーCEOは、今信用危機の最も困難な時期にあるが、2009年「早くに回復の兆しが見られること」を期待していると語った。また業績改善のための戦略として、コスト大幅削減の継続、新興国市場への流通増、割増価格で販売できる製品数の増加などを挙げた。

世界最大の広告主でもあるP&Gは、今回の経済危機は、同社に有利なものをひとつもたらしているとした。広告コストを抑えられることだ。「これは大きなチャンスだ。われわれは中に入って『契約を破ってしまえ』と言うだけ」とラフリーCEOは語った。

経済の低迷が続く中、マーケティング担当者は広告費を支出する際、より多くの見返りを求めるようになっており、テレビの広告時間を視聴率の高い時間帯に移すことなどの特典を要求するようになっている、と米国のメディア広告の買い手は述べている。ある買い手は「こうした経済では、何でもありだ。顧客は広告代理店に挑み、われわれはベンダーに挑んでいる」と述べた。
-----------------------------------------

やっぱり広告費はこうして削減されるんですね・・・

2008-12-11(Thu)

今月の経済指標-物価指数

取り合えず、統計局にアップされたところをまとめます
CIP.jpg

大きく下がったのは、植物油、肉類、野菜、自動車燃料、都市間交通あたり、
因みに一時期異常に値上がりしていた、豚肉は前年比-9.3%となった模様
基本的に野菜・肉を除けば、油関連と言えるかもしれません
まあ、植物油と工業用の油がおなじにするのはちょと問題があるかも知れない
ですが、食品と、原油関連といった方が良いかもしれませんね

案外消費財の落ちが大きいのが意外といえば意外ですが、下落傾向は
大分前から続いてます。
建材もそこそこ大きいですね

上がったのは旅行くらいですか。

こちらがPPI
PPI_20081211220818.jpg
こちらも基本的に大きく下げています
今までの上昇幅がCPIに比べて大きかった分、反動で下落も大きいようです
10月と比べて上昇しているものは一つもありません

特にエネルギー価格の下落が大きいですね、灯油や石炭はまだしも
原油は先月の二桁増から、一気にマイナス二桁
鉄鋼製品、非鉄、ゴム等も下落幅が大きい

これと比較すると、消費財、食品、衣料、日用品はやはり値を保っています


ちなみに、経済工作会議は、目新しい政策はなかった模様で、少し失望売りが
広がってしまいましたね。
2008-12-11(Thu)

今日のニュース

ちょっと統計はまとめる時間がありませんが
PPIは急速に下落し、前年比+2%。
利下げをためらう水準ではありませんが、一方で資金が流出している
のではないかと言う懸念もあるようです

11月の輸出は-2.2%、輸入は-17.9%
11月から悪くなると言われた割には、輸出の落ち込みはそれ程大きくは
ありませんね。
ただ、この輸入の落ち込みが輸出の前兆の可能性と言う事もありうる
のではないかと思えるところもあります。
やはりまだ、注意深く見ていかないといけないのではないでしょうか

中央経済工作会議では、投資輸出促進に加え、医療改革、年金改革
貧困層への無償教育拡大、減税などの拡大が議論されているそうです
(中国経済日報)
2008-12-10(Wed)

フォーカスメディアがリストラプラント、ワイヤレス部門の閉鎖を発表

CGENの買収契約では、最初の支払額168ミリオンキャッシュに加え
現金と株でターゲットを超えた場合の条件としてさらに支払うことになって
いたまいしたが、CGENの店内ネットワークが、ターゲットを達成できなかった
ため、この条件つきの支払いは発生は無し。

加えてCGENのリストラプランのため、ノンキャッシュの一時リストラ費用を4Q
に200ミリオンUSD計上する予定。

また、ワイヤレス広告部門の閉鎖に伴い、一時的なノンキャッシュ減損追加費用が
凡そ20ミリオン40ミリオンを計上する予定。
-----------------------------------------------

合計で240ミリオンの一時損失を計上することになります
どうも、4Qの予想として発表された数字には、これらは入っていないようです
直近四半期での純利益が156ミリオン位ですので、今年は赤字になると思います

多分後者は減損と言ってるので、固定資産価格の引き下げなので、運転資本
に影響はないでしょう。
前者は、どういう形になるのかは分かりませんが、総資産で2300ミリオン位
なので、やはり打撃は大きいと思います。

2008-12-10(Wed)

総額は400兆?

600TYOU2.jpg
600TYOU1.jpg

昨日の日経新聞よりです
まあ、400兆だとGDPの3倍にもなってしまうので絶対無理ですが
よく見ると、「財源を確保しているのは1-3割だけ」と書かれています
400兆の一割でも40兆、3割なら120兆もあります(笑
「だけ」と言うのは如何なものか

しかし、そんなに使えと言われても企業側も困っているのもまた事実です
一体どんなところにお金が流れ込んでいくのか、注目ですね。
勿論中央経済工作会議も合わせて


一方で、少し疑問に思ったニュースもありました
中国風電:発電所建設計画を半減、資金調達難で
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1205&f=stockname_1205_013.shtml
別に中国風電が嫌いとか言う訳ではなく
この企業がやってるのは、環境・エネルギーの問題に対応する、中国にとても
必要な事業の一つだと思います。
しかし、そんな企業でも資金調達が難しく、計画が遅れてしまう。
つまり、まだ経済対策がそこまで進んできていないのか、あるいは、経済対策
とは縁が薄いのか、何となく納得の行かない印象があります。
まあ、勿論この企業が言ってる事を100%信じればと言う過程付かも知れませんが
2008-12-10(Wed)

東江環保の5割子会社が

少し複雑な話ですが、東江環保の50%子会社であるShenzhen
Resourceがこの子会社の残り50%の持分を持つ会社SHWTS
(Shenzhen Hazardous Waste Treatment Station)との廃棄物処
理契約を締結しました。

Shenzhen Resourceは有害物のリサイクルやりサイクル品の生産
販売等ををおこなっています。
SHWTSは危険物処理、及び廃棄ビジネスを行っており、それに伴って
大量の化学廃棄物を回収しています。
今回は、SHWTSの回収、生産したものの内、錫や鉛を含む物質をリサイクル
して、販売できる契約のようです。

年間の売上高は、大体17ミリオンRMB程度、期間は2010年までを予定
しています。
直近四半期で見ると、この会社の売上は800ミリオンくらいなので、17/2=8.5だと
1%くらいの話のはずなんですが、今日は随分と上げてましたね

まあ、資源株が高くなったことの恩恵にあずかったのでしょうか
2008-12-05(Fri)

ニュース

http://www.nikkei.co.jp/news/kakaku/20081203d1j0300r03.html
石炭スポット価格が下落
-しかし、電力向け一般炭の需要も減ってきたと言うのはちょっと
気になりますね、石炭価格下落で一番恩恵を受けるのは電力
かと思ってましたが、、、まあ、需要減の程度にも拠りますが

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1203&f=column_1203_002.shtml
住友化学・松田氏:中国の公共投資鍵は“環境”事業
-これはコラムですが
まあ、自分の会社が環境事業をやっているのだから、それについて
よく言うのは当たり前な面もありますが。


ついでにもう一つ
DJ-シーメンス中国:2010年の新規受注目標の変更は不要
2008-12-04 19:20


北京(ダウ・ジョーンズ)ドイツの電機大手シーメンス(NYSE:SI)は4日、経済環境が悪化しているにもかかわらず、中国での2010年の新規受注目標100億ユーロを変更する理由は「見当たらない」との認識を示した。

シーメンスの中国子会社のリチャード・ハウスマン最高経営責任者(CEO)は、企業価値の低下により、1年前よりもM&A(合併・買収)の機会が増えていると指摘。その上で、有機的成長と同業他社の買収の両方を通じて、2010年の目標を達成することは可能と述べた。

シーメンスが発表した2008年9月期決算で、中国部門の売上高は570億元、新規受注額は655億元に達し、ともに前期比で19%増加した。

ハウスマンCEOはまた、中国での売り上げと受注の伸びについて、「2009年の国内総生産(GDP)伸び率の2倍を目指している」と語った。

-------------------------------------------------
まあ、もちろん、中国に強気な発言しか見ていないわけではありませんが
強気発言のニュースを多く掲載するのはやはり自分の中の願望も反映
されてるのかもしれないなとも思います。

もうちょっと意識して公平にニュースを掲載するように努めた方ようかな
2008-12-05(Fri)

ウェイガオ子会社がWeigao Bloodへ新工場用の土地を売却

そんな記事がどうしたんだ?
と、思われるかもしれませんが、最近増産や新工場
建設と言う言葉を見かけましたでしょうか?
まあ、東芝の新型メモリ等が先月末に合ったようですが、その東芝も
人員削減です。

まあ、勿論まだ土地の売買のみの話なので、実際工場が完成するのは
まだ先の話でしょう、しかしWeigao Bloodは4Qに透析機器用のラインが
稼動する予定としていました。

これって、『ひょっとして、この透析機器がかなり好調ではないのか?』
と、思わせる気がします。
透析機器用の工場かどうかは分りませんが、透析機器の製造ラインは
ヨーロッパからの輸入品です。
ユーロは大分弱くなっている事も好材料かもしれません、これは元切り下げ
の可能性があるので、将来に対して完璧に良いとは言い難いかもしれま
せんが。
2008-12-03(Wed)

STVがマイクロソフトと共同でビスタ向けのPC-TVを立ち上げ

この新ソリューションは中国全土でパソコンからデジタルケーブルテレビ番組を
視聴し、録音できるもの
開発は08年3月から開始している。

CA-enabled DVB-C Digital TV ICに基づいて、PC-TVチューナーはパソコンを
デジタルテレビに変えるシンプルなソリューションを提供する
The DVB-C HDTV Tunerは高解像度のデジタルテレビ番組を受信、暗号化された
シグナルをデコードするもの。
The DVB-C HDTV Tunerはウィンドウズビスタ、XPに互換性があり、USBか
PCIコネクションを通じてPCに繋げる。
現在、このPC-TVは中国のケーブルテレビ運営業者、パソコン製造業者、セット
トップボックス、テレビチューナ製造業者に紹介されている

加えて、ウィンドウズ全てのバージョンに対応可能な新しいエア・マウスと、タッチパネル
も紹介。
2008-12-01(Mon)

週間予定

12-1.jpg
ちょっと忙しく、更新が遅れてます。
アメリカは随分連騰してますね5連騰という事で、先週は毎日
上昇してた訳ですね。
クリスマス商戦は取り合えず、去年よりも売れ行きが良かったようで
悪いニュースばかりのところ、ちょっと安心でもあります。
しかし、中国の数字に関して言えば,11月からかなり悪くなったとの
報道もあり、マダマダ気が抜けないところですね。

今日はポールソンとバーナンキの公演
そして、今週の注目はなんと言っても注目は明日のビッグスリーの再建計画提出
でしょう。
デトロイトのモーターショーは日本企業が出展を取りやめる自体に陥っており
短期的にはどう見てもだめ、融資するならやはりそれなりの金額が要るだろうし
潰れれば潰れたで、債券や株式に加え、CDSによるダメージもありそうなところ
生かしても、売れはしないわけで、どうするのか注目が集まるところです

日本では携帯のリサイクルが義務化されるようですが、レアメタルも最近は
随分と下がってますね。勿論将来的には必要になるからこそこういう措置を
取っている訳ですが

少しニュースをまとめておきます

今日のニュースとしては、やはりこれでしょうか

人民元が対ドルで急落、切り上げ後初めて変動幅の下限に
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35185820081201
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35185620081201

中国政府は輸出業支援でさらに対策―商務部が報告
http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/scn/081201/081201_mbiz107.html

ロジャーズ氏「米ドルの世界的地位は低下する」苦言呈す
http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/scn/081201/081201_mbiz084.html

農業大国中国、世界の野菜の49%が中国産
http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/scn/081129/081129_mbiz004.html
プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。