--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-16(Thu)

相場結果

うーん今日も酷い相場だったわ・・・
まあ、下げ止まる時はこんなもんだわ。
ただ、これで下げ止まりと断言できないのが相場の怖いところですな

10-16 業種別①
10-16 業種別②

上位は、コモディティ安と小売、内需が多いですね
まあ、相場が悪い時の上位株は大体決まってますね。
医薬品は結構落ちるときもありますが
一方下位の二つは変化なし、海運は大手三社が年初来安値を更新
酷い話だ。
海運が弱いのは香港も同じ事ですね

ジムロジャーズは食料がいいといっていますが、やはり肥料の企業なんかは
凄い上方修正が目立ちますね。
かといって、ソフトコモディティ自体の価格が下がっているので、大きく値上がり
とは行きませんが、金属は景気が悪くなれば企業が設備投資を止めたり、また
それに伴い、設備投資向けの機械が減ったりと、ドンドン悪くなるのは分りますが
別に、「食べる量が3割減ったぞ」とはならないのではないか?
新興国も内需が伸びれば、食も欧米化が進むだろうし、と考えると肥料があまり
売られないのも納得できるところ。

---------------------------------------------------
アメリカは
EBAY→下方修正
メリル→コンセンサス-5.18に届かず-5.56
シティ→コンセンサス-0.7結果-0.6(継続事業は、-0.71)

失業保険の申請件数は、大分減ってきて一時高かった物の

ただ、フィラデルフィア連銀指数が9月3.8から-37.5というアホみたいな下げ方
のため、弱い展開になりそうです。

---------------------------------------------------

中国の信用取引が25日にも導入されるのだたとか、少し証券会社にも
注目してみたいところですね。
スポンサーサイト
2008-10-15(Wed)

相場結果

昨日は、日本は殆ど全部上がってしまうどころか、ストップ高銘柄
が続出しておりまして、あまり分析する意味も無いかな?
と思っていたのですが、今日の相場は中々面白かったです。

10-15 業種別①
10-15 業種別②

いつもの如く、東証一部の業種別指数ですが
上昇率の上の方は、紙パと空運を除けば内需ディフェンシブに偏っています。

恐らく、紙パや空運、陸運が上位に入ったのは原油が下落をみての事でしょう。
銀行なども、プラスに入っていますが、昨日の状況を見ると、みずほと三菱東京
という公的資金の注入を受ける、二つの銀行がストップ高をつけ、三井住友の
パートナーであるバークレイズは自主再建を選んだせいか、大手三行でも一つだけ
取り残されておりました。

逆に下位は、常々こんなの買っちゃダメだ!!といっている鉄鋼と海運が仲良く
ランクイン。
次いで、鉄鋼精錬するための石炭や、ガス、石油などを扱う鉱業がダントツの
下げ幅でランクインしています。
海運などは、中国の貿易が強かったといってる方もいらっしゃいますが、世界
全体で見れば、貿易は減少しているうえ、バルチック指数はいまだ下げ止まる
感がありません。

この状況で東証一部でもPBR1倍割れが続出、PERも酷い銘柄が目立っている
訳で、何も、弱いセクターを狙って買う必要は無いのではないでしょうか?
----------------------------------------------------------


ところで、今日は、アメリカ政府が更に1000億ドルを即時使用分として
金融機関に融資、欧州では、不良資産と国債を交換する事で、金融機関の
回復を支援する枠組み作りに向かっているようです。

アメリカは昨日の時点で、大きな値幅ながら、下落に終わりましたが、銀行の
時価総額を基準にしたインデックスは低下する事もなく、、恐怖心理を示す指数も
結局低下で終わりました。
10-15 KWB BANK

今日は、既に金融機関の決算が幾つかでています
ざっとみると、
ウエルズファーゴ→前年比25%減益もアナリスト予想41セントに対し、49セント
JPモルガン→前年比84%減益も、アナリスト予想-21セントに対し、11セント
と、数字だけ見れば上出来にも見えます。

ちなみに、ペプシコは全然ダメでしたが、コカコーラは77セントの予想に対し
81セントと明暗が分かれる格好になりました。

まあ、決算自体は悪くない企業が多いのですが、まだ不確実性が高く、小売や
製造業指数も余りよくなかったので、売られていますね。
やはり、もう少し数字が出てくるのを待つことになるのかもしれません。

----------------------------------------------------
で、中国マーケットは、不動産が弱いながらも、幾つかの都市では融資の限度額
を引き上げるなどの支援策が打ち出されつつあるようです。

一方で、石油は補助金がカットされるとの観測もあり下落

また、日本とは違い、未だ金融セクターからの資金は逃げ足が速い状況が
続いています。

後はやはり、コモディティは全体的に弱いですね。
逆にこういう株価の動きが景気の足を引っ張り始めないかちょっと心配では
あるのですが。
2008-10-09(Thu)

10/8 相場の結果

今日の日本市場は最近の下落相場とは全然違った展開を見せていました
ちょっと手書きは面倒で続かないし、この方が見安そうな気がするので今日は画像で

10-3 業種別①
10-3 業種別②

最近の相場で比較的強かった、医薬、小売などが大きくマイナスに沈み、どんどん
安値を更新するような銘柄が、反発する動きとなりました。
金融に関しても、比較的強かった、保険のみがマイナスとなりました、まあ、良く考えて
みれば、保険会社は株式でも運用しているはずで、これだけ下がって損が出ないわけが
無いのですが。

一方で、買われてこなかった銘柄が強くなったといっても、勿論順位がありますね
コモディティが多少下がったといっても、まだ一昔前と比べると高い事には無い訳で
それなら、商社が多少強いのも納得ですね

今日は大手医薬品卸の統合が報じられた事が一因でもありますが、大手は
やはり高いですが、豊田通商など最近減速感が目立ってきたところはマイナスで
弾けていたりします。

また、強くなったといっても、海運、昨日も倒産が出てきた、建設、決算に不安が
かなり有る不動産などは全然ダメ。

反発すを狙うにしても、選別は必要ですね
ただ、最近昨日から妙な挙げ方をしている銘柄もちょっと目に付きます
例えば、ダイドードリンコなどは昨日も高く、今日も1割以上上げてます
PBRで軽く一倍を割っているし、内需で堅いところなのかな?

いずれにしても、大きな変化があったことは確か、この反発が続いてくれると
いいのですが。

ナスダックの方は
10-3 ナスダック業種別

こちらは、まだ通信やバイオなどの景気後退にあまり関係ないところが
比較的下落幅が小さいですね、保険は多分AIGの増資があったためでしょう
金融は下位をを独占していますが、資本注入の可能性が飛び交ってい
ます、そろそろ底打ちが、来てくれないと困るんだけどな。

香港だと、通信・電力・金融・不動産等が強いようです
前の二つはディフェンシブセクター、残りの二つは反発といった感じでしょうか
何だか、日本で強かったセクターと弱かったセクターの両方が上がっているような
まあ、電力は、石炭の価格が下がってきたという事もあるし、面白いでしょうね
週末にでも見て見ます。
しかし、香港のセクター別騰落率って何処かに転がってないんですかね?
知ってる方いたら、教えてください。
2008-10-07(Tue)

10/7 相場結果とニュースなど

今日は香港は休みですが、ちょっとした転換点になっている
のかもしれませんね。

昨日のアメリカは1万ドルを割り込む大幅下落でしたが、他の市場は
開けて今日の市場は、比較的強かったですよね。
これは、オーストラリアが一気に1%の利下げを行っったこと、またこれに
より10日のG7で協調利下げがあるのでは?
という期待もあるのだと思います。
少し前まではインフレ懸念で、利下げは出来ない感覚でしたが、もうそんな
ことは言っていられませんね。

引け後には、ロシアが銀行にローンを供給したり、ポルトガルでも中銀総裁
が金融機関への政府介入を支持したりしています。

今日の日本の相場は、原油安、ドル高で製紙業が値上がり率の一位
まあ、これは定石どおりですよね

第二位は、今まで散々売られてきた不動産でした。
特にこれといって、良い材料があるようには思えませんが(強いて言えば
利下げ予想?)自立反発と考えた方がいい気がします。
主力系より、少し外れたところが大きく値上がりしてますね
勿論、寄りが低かったので、ほぼ全て買えば儲かったのでしょうが。
サンフロンティアなんかは、面白いという記事も見た気がします。

ちなみに、新興市場系の不動産会社は、一度値がついたり高くなっても
ほぼS安で引けてますね。まあ、普通デイトレじゃなきゃ変えない気がしますが


第3位は保険、やはり金融系の中では保険が一番強いのでしょうか?
まあ、確かにディフェンシブな感じはしますよね

次が鉄鋼
思えばこの銘柄が、ついこの間までの相場をリードし、その後ボロボロに売られて
いたわけです。

今日の相場は、ついこの間までの相場の主役達がちょっとだけ前日比で+に
なりましたね。
コマツ、新日鐵等など
また、大型株に連日浴びせられていた売りも今日は寄り付き辺りのみのように
見受けられ、ヘッジファンドの換金売りも取り合えず一段落したのかもしれません。

ここで、ついこの間までの主役達が、どれくらい戻すのか、注目してみたいと思います。

一方で、最近の弱い相場で強かった、医薬・農林水産・小売は今日はダメでした。
医薬などを見ると、後場もあまり強くならなかった銘柄もあります。

また、第二位は輸送機械で、まだまだ自動車産業はアク抜けに時間が掛かるのかも
しれません。

---------------------------
幾つか、気になるニュースを見ておきます

東海カーボンが電炉用電極を8割値上げで決着
といっても、これは株式新聞のニュースなので、会員でないと読めないようですが
http://www.skabu.jp/front/article/news
数日前、電炉の需要懸念から安くなったと報じられたばかりなんですけどね
http://money.www.infoseek.co.jp/MnJbn/jbntext/?id=nihonsyokens114994&qt=%25C5%25EC%25B3%25A4%25A5%25AB%25A1%25BC%25A5%25DC%25A5%25F3
なぜ今の鉄鋼がこんなボロボロな状況で、値上げが出来るのかちょっと不思議です
ひょっとして、ずっと先を見るとまだ鉄鋼の需要強いのでしょうか?

チェーンストアの売上高指数は、前年・前週比の両方でプラスになりました
http://jp.reuters.com/article/economicIndicatorsAndComments/idJPnJT827973720081007

ユーシンなどは決算の数字も大分強かったですよね、上方修正もありますし
ただ、この会社はどうも、前期偏重のようですが。既にかなり売り込まれて
PBRは0.5倍、信用残も拮抗していますがやや売り長
増益幅も大きいだけにちょっと面白そうですね。
2008-10-05(Sun)

先週の相場

しかし為替では、米株が落ちると、同じ通貨が上がっていると言うのも
面白いですね。これは10/3の朝ですが、
10-3.jpg
やはり強いのは、カナダドル、スイスフラン、HKD、RMBですね
恐らくは、米ドルやJPYよりこれらの通貨のほうが相対的に信用が高い
と考えられているのでしょう。

さて、3日のアメリカ相場は
08-10-3.jpg
高いのは、原油、地銀、サービス、重機、タバコ、卸売り

逆に弱いのは、カジノ、住宅、半導体、スポーツ、大手銀行、エアライン

ナスダックは
08-10-3.jpg

うーん今日はちょっと時間がなくなってしまったので、残りは可能なら
明日の朝書きます、中途半端でスミマセン
2008-10-02(Thu)

今日の値動き・・・銘柄の間違いがありました


ご指摘有難うございました
上方修正したのはアドバンンテストでは無くて、アドヴァンでした
ま、そりゃ、半導体で一個だけ上方修正とか、アドバンテストなら
もっとニュースになるし、何より金額の規模が違いますよね
もっとちゃんとせねばいけませんな

今日の相場は、日曜辺りにまとめて書きます。




今日は朝書けなかったので結果のみのですが

日本
業種別で高いのは、上から情報通信、電気ガス、医薬、農林水産
空運

情報通信は、ITホールディングスとソースネクスト、トレンドマイクロ
辺りが強い、トレンドマイクロは何と、この状況で高値圏
売り長で25日線に支えられる、面白い銘柄
ITホールディングスは、25日線をトライ、ちょっと拮抗してる感じだな
抜ければいけるか
ソースネクストは、底値で反発これは結構買いやすいかな利益率
シェア共に面白いところ。
しかし、ウイルス対策ソフトもディフェンシブといえば、ディフェンシブ
なのかな(笑
NTTも高かったし、ある意味、ヒゲ虎さんの言うユビキタス関連と言う事も?

電力ガスは昨日と変わらず、ガスより電力が強い。
大手三社を買っておけば良い。

医療も、大手はみんな上がった、塩野義、科研、ツムラが高い。
後者二つはちょっと注目していた。
両方ともちょっと上髭が出てるけど、移動平均線を超えて、注目できる動き
出来高も多くなって良い感じ。
こういう銘柄が売り長なのも、偶然なのか?ちょっと不思議だよね。

農林水産はホクトとマルハニチロが上がった
ホクトはチャートか?
マルハニチロは、麻生さんが漁業支援だし、原油が高いのが材料かな?
いずれも、買い続けるのは難しいんじゃないかな?
ホクトはチャートだけで上がる可能性もあるんだろうけど

空運は明らかに原油安かな。
こちらも、不景気になれば売上は落ちそうだけど、まあ、燃料代はデカイので
ある程度の買い材料にはなるのかな、でも持ち続けられるほど強くは無いんじゃ?


金融は、保険が強かったみたいだけど、これもマイ転、結局全部マイナス
強かったのはシティぐらいか


弱かったのはコモディティ関連、総合商社などはコモディティと正の相関がある
訳なので、そこまで含めれば下位を独占、その上は、北米の売上が落ち込んだ
自動車関連、海運もバルチックが下げ止まらず、新安値。


香港は保険が全て値上がり、銀行もそれなりに強い不動産も大体値上がり
この辺は全然動きが違う。
電気・ガスも大体値上がり
と言うか、特にこの業種が弱いとか、強いとか言うのがあまり無い。
何だか、全体的に値上がりしている物が多いんだね(笑
海運でも、コモディティでもまあ、明日は香港を中心にもう少し考えてみようかな

まあ、短期的な注目は、やはり航空株で良いんじゃないかな?


-----------------------------
狙えそうな銘柄
4344ソースネクスト
東電・中部電力・関西電力
科研製薬はどちらかと言うと、押し目を狙いたい
コープケミカルは今日高値で掴んだ人も多かったし、展開次第では割と
早く押し目をつけそう、だが、浮動株が多いのが気になる

引け後のイベント
アドバンテストアドヴァン:上方修正
フェリッシモ:上方修正

アドヴァンテストは営業利益が4割以上増えた、これはでかい、でも半導体
がここから強くなるかな?
SOX指数はあまり強くないのだけれど
結局神戸製鋼も、上方修正したものの、市況が悪けりゃボロボロの典型だしね

どちらかと言えば、フェリッシモの方が良いんじゃないかな?
PERも高くないし、あまり売り込まれてはいないけど、移動平均線はすぐに超えら
れる位置。
プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。