--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-29(Fri)

ヘンダリー(3389.hk)

指標から考えると、ブランド品等の高級品の売上がガンガン
伸びているようなので、決算を機に少し考えて見ました

ただ、今回の決算はかなり弱い上に、キャッシュフローのマイナス
幅も大きく、良い決算とは言えないように思います。

今回は少し、財務諸表を横断的に分析していく事にします。


ヘンダリ

まずは損益から
これまで順調に前期比でも2割以上の増収を達成してきましたが、ここへ来て
急速に伸びが鈍化、今期はたったの2%でした。
内容的には、前期比小売は1割くらい成長してますが、卸売りは-13%位
季節性を考慮しても小売の売上は通常もっと高く、卸の方はマイナス幅が
半分以下ですね。
これについて特に説明は有りません。

粗利の水準は高かったのですが、販管費の割合が増えてしまったので、営業
利益は、久しぶりに前期比でマイナスです。

会社の公表の仕方では、営業利益の伸びが大きかったように見えますが、
これは殆どother部分の伸びも大きいですね。
ちなみに、otherの大部分はデリバティブの未実現利益。

まあ、全体を通して見ると、other部分は殆ど利払いで飛んでます。


次に少し営業キャッシュフローを見て見ます
2Qは細かい項目が無く数字だけですが
ocf

一目見て分るように、マイナス幅が激増しています。

大体この期間ずっとマイナスですが、アニュアルレポートで確認して
分るように、これは良くありがちな成長企業のパターンで、ドンドン成長
していくと、ドンドン売上がのび、売掛金の比率が一定水準を保っていても
売掛金の金額が増え、また売上を伸ばすために前より大量に商品を買う

そうすると、当然現金は減る訳です、言わば営業cfに占めるワーキング
キャピタル部分から生まれるマイナスのためです。

この会社の場合は、さらに、よくある中国の会社と比較して、薄利なので、
ここの部分のマイナス幅はその分大きくなってしまいます。

今期の大幅なマイナスも、この辺りに理由があるのではないか?

回転

確認して見ると、前半期は売掛金の回収期間が短く、在庫の回転もドンドンと
期間が短くなっていた事が分ります、一方仕入れは確かに前半期と比較して
短いですが、最近の状況では長くなったとはいえないレベルです。

つまり今までは、順調に来てたけど、売掛は中々払ってもらえず、買ってきた
商品は中々売れない、しかも、買った料金はかなり早く支払わないといけない

実際どれくらいキャッシュフローに与える影響が出ている上手見ると
エフェクト

06-4qのマイナスが非常に大きくなってるのは、買収による物です。

それを除くと、今期の在庫の増加が非常に大きい、更にこの企業の
場合は、総資産の半分以上が在庫です。
今期増えただけでも、総資産の1割強・・・
前期の在庫から、どれだけ伸びたかを%でみても、今期の伸びは凄く
高い。
まあ、それだけ売れていればいいのですが、残念ながらそうでもない

幸い、この会社の商品は売れなければガンガン値引きし無いといけない
商品ではない(と思う)としても、かなり大きな問題です。

これは、売られるのは仕方がありませんね。

特に、在庫の急増についてキチンと説明していないのも、問題ですね
結構期待してましたが、これはまだ様子見を維持かな。
スポンサーサイト
プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。