--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-29(Tue)

紫金鉱業

の記事を書こうと思ったら、HKEXに半期レポートがファイル
されてません。
「自社ウェブサイトの中国語セクションにアップしたぜ、ここには
アップするかどうか分らん」という発表があるだけ
昨年を見ても、こんな事にはなってないし、印象は良くないですね
株価が低調な時こそちゃんとして欲しい所なんですが。


一応、今日の記事に載せる予定だった金価格と紫金株価の
相関の見直しを


まずこれが、紫金の5年間の株価推移
2899 5Y

そして、これが金価格に連動するETFの価格推移
GLD5Y

で、両社を重ねると
5Y VSGLD

基本的には、やや金価格に先行する形で相関性のあるチャート
となっている事が分ります。
また、変動幅は金価格よりもかなり大きいです。
ほぼ、GLDが上値の抵抗になっていましたが、昨年の後半にかけて
鋭角にGLDを上回り、大相場になりました。
今また、GLDを下に突き抜けていますが、これが果たしてGLDの
先行指標となっているのでしょうか?


2Y VSGLD

とは言え、所詮%のチャートなので始点が違えば、見え方も違います
こちらは2年間のチャート
これだと、ほぼGLDの上を推移しています。

しかし、2年だろうが、5年だろうが、長期的に見れば、確かに相関は
あるし、保有し続ければ上下に乖離しても、今のところは金価格に
収束しているように見えます。
また、そう考えると、金が高いのに全然株価は上がらないと言うより、
単純に上がりすぎたのが戻ってきて、今はほぼ適正な位置にある
と見えなくも無いです
勿論、生産量の増加があるはずなので、普通に
考えればその分はゴールドをアウトパフォームしていないとおかしい
かもしれませんが、この先金価格にどの程度上昇の余地があるか
と言う期待値を考えると、そこまで強気にはなれないのでしょう、
既に05年から倍以上になってるし。
また、ここからインフレ率などが推移していくか、金融不安がどの程度
の規模で、どの程度続くか少し見極めが必要な気がします。

仮に、金価格が下落したとしても、再び上昇するまでに生産する量も
増えているであろうとも考えられますので、生産量の推移と金価格の変動
の両社を併せて見ていきたいところ。
もちろん、まずはちゃんと証券取引所に書類を提出して欲しいところでも
在りますが


そういえば、アジアメディアは監査法人が意見の表明を拒否しましたね
まあ、担保になってる金額も大きいし子会社は借入返済は無さそう、
既に担保権が実行され始めてるわけで、これらはアジアメディアの財務
諸表に重大な影響を与えるものになりうる訳です。

それにつられてボーチもどんどん落ちてきました
取り敢えず、ナイフが床に突き刺さるのを待ちたいところ。
2Q決算は8/14です。
スポンサーサイト
プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。