--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-12(Wed)

グーシャン08-3q

08-3q_20081112234817.jpg




見通しが思ったより良くないですね。
利益率の低下と、工場拡張の遅延(これも利益率低下見通しのためかもしれ
ませんが)。
まあ、利益率が低下といっても、営業利益ベースで3割はあるわけなので、
果たして赤字になるほどのものなのか?というのは疑問ですが
ただ、財務はかなりいいので、いきなり潰れたりはしないでしょう

いい点としては、売掛金の回収日数が全然伸びていないし、営業CFも強い
また、3Q末時点で、既に確定している為替損失を考えても、1株辺りの
キャッシュが2USD程度あります。
直近四半期でのEPSは0.517USD、株価を2.87ドルとすると5倍程度です。

この会社は、ニュージーランドドルとユーロを保有していたため、
急激な為替の変化で、為替評価損が膨らんでいます
10月にNZ$とEURは全てUSDに両替したようです
ただ、この両替に伴い、4Qにも7.6ミリオンUSDの評価損が
発生するとしています。

Business Outlook
現在の年間処理能力は29万トン。
重慶と湖南の3万トンずつのと北京プラントの増築は建設に遅れが出ている
結果として、前回のアナウンスように年末までに生産能力40万トンには達し
ない見込み
これら三箇所の工事は、09年の1Qに完工予定
これらの遅れと、四川、河北、福建、にあるプラントのの修復とメンテナンスが
必要で、現在の状況と照らし合わせて、今年のバイオディーゼル生産量は
トータルで23万トン程度と予想、前回予想の25万トンから下方修正する

4Qはバイオディーゼルの平均売却価格が、国内ディーゼルマーケットの不振で
低下している、一方で原料価格は低下していない。
結果として、粗利益率は低下する見込み
ディーゼルマーケット価格の低下は、最近の原油価格の低下とリンクしているもの
と見ている。
原価が下がらないまま、バイオディーゼルの価格のみが下がれば、粗利は酷い
影響を受ける
現在、利益率とマージ低下を解決するステップを取っている。
例えば、原料サプライヤーに値引き交渉を行ったりしている。
原料源の多様化のために、代替的な原料開発や寄り魅力的な価格で手に
入れられる道を積極的に模索している。
さらに、09年の拡張計画を見直し、バイオディーゼルと原価によっては、計画を
修正するだろう。


しかし、決算が集中しすぎて大変です

スポンサーサイト
2008-08-15(Fri)

GUグーシャン 08-2Q


GU08-2Q

取りあえず、概要だけ
コンセンサス、0.22USD
NON-GAAPDilutedEPS 0.321USD

Outlook for 2008
現在は5つの向上で年間バイオディーゼル生産量29万トン(約87ミリオンガロン)
重慶、湖南のそれぞれ3万トンの新工場建設を開始、08-4Q中に生産を開始
予定。

加えて、北京のバイオディーゼル年間生産能力5万トンから10万トンへ生産能力
が08-4Qに拡大予定。

結果として08年末までにはバイオディーゼルの生産キャパシティは40万トンになる

しかし、四川と北京の生産休止の結果、北京の生産能力の追加、重慶と湖南の
生産開始は4Qの末になると得られると言う事実を鑑みて、今年のバイオディーゼル
生産を前回予想の27万トンから25万トンに変更する

09年の年間バイオディーゼル生産は20万トン増え、09年末に60万トンに達すると
考えている。


2008-05-14(Wed)

グーシャン08-1Q

グーシャン08-1q

上場してから日が浅いので、07年は2q、
3qのデータが無かったりしますが、まあ
あるとこだけでも

アナリストのコンセンサスは
年間eps0.91で1qは大体0.19。
残りの3四半期は平均で1Qより26%上を見ている
訳ですね。
処理能力だけ見るとで、6月に5万トンの工場が完成して
20%アップ、4qに11万トン分で、(24万トンを基準にすると)
45.8%アップ。
まあ、現状で既にフル生産になっているのかは分らないし
売値の上昇や原価が下がる可能性もある訳ですが。

◇売上
バイオディーゼルと副産物の販売量は前年同期比
それぞれ、8304トン(19.1%)、978トン(19.2%)
増加した。
売値はそれぞれトン当たりで、4,411rmb(25%増)、
7421rmb(5.4%増)

07年11月に市場でバイオディーゼルが不足した事もあり
政府のガイダンスプライスが上昇、08年3月現在市場で
付いている価格よりも高い値段で、化学企業に販売

◇原価
使用後のクッキングオイルやベジタブルオイルのトン当たり
価格は前年同期の1,863rmbから2,287rmbへと増加
主な要因は、1月の大雪に伴う輸送費の増加、全般的な
インフレ、人件費・輸送費の高騰
22.75%の増加と結構でかい。
今のところは売値が上がっているから良いけど
先行きに注意

◇販管費
ストックオプションの増加、北京の工場・上海・重慶・湖南
のオフィス開設に絡む人件費が増加、逆に専門家に支払う
金額は減少。
全体として、販管費/売上は最低。
しかし、専門家に支払う費用はどういうタイミングで増えるんだっけ?

◇アウトルック
製造能力は北京の5万トンの工場の運営
開始、年間の製造能力は24万トンとなりました。

08年末までに、40万トンにまで製造能力を
拡大したい考えです。
これは、現在の処理能力から66.67%up

①上海の工場
6月に完工予定、年間製造能力5万トン

②重慶の工場
08-4qに始動予定。年間処理能力3万トン
→まだ出来てないけど地震の被害とか、いかがなものか?
始動の遅れとか間接的なのもでて来るかもしれないな

③湖南省の工場
08-4qに始動予定。年間処理能力3万トン

④北京の工場
08-4qに年間処理能力が5万→10万トンに
増える予定。

生産能力の増加は殆どが4qに集中してるんだね。

◇最近の出来事

①08年4月
重慶と湖南の工場の建設を開始。
→ということは、大体3万トンの工場を作るのに
4-8ヶ月くらいか

②あ、ちゃんと地震の影響について書いてある
四川省の施設は震源から156キロ離れてる施設も
従業員も無傷だよ
停電はあったが、操業は可能、でも、用心のため
政府の指示で、一時操業停止中、数日で再開の
見込みです。
プロフィール

redskyinevening

Author:redskyinevening
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Twitter on FC2
金融関連をブツブツまとめます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。